ユングを語る 【夢、無意識、元型】

:2014/01/26(日) 21:50:54.06 ID:

ユングを語ろう。
:2014/01/26(日) 23:19:24.52 ID:

オカルトスレ
:2014/01/26(日) 23:39:42.77 ID:

くるってきてる
:2014/01/26(日) 23:54:28.93 ID:

糞スレ

:2014/01/27(月) 01:48:07.48 ID:

ユング心理学を教えてくれる大学ってあるのかな?
俺は独学でやってるけど
:2014/03/01(土) 12:20:09.80 ID:

「心理学」と言うと心理学やってるやつから「一緒にすんな」と言われ
「オカルト」と言うとオカルトやってるやつから「一緒にすんな」と言われるw

>>5
ユングを堂々とやってる大学っつったら京大かな
調べたらもっとあるだろうけど異端扱いだよな

:2014/03/01(土) 21:08:37.97 ID:

>>13
サンクス。さすがは京大だなぁ。
まぁユングは異端だよね。でも自分で夢の解釈が出来るようになってはまったよ
ユングはいろいろな分野(特に宗教)にまたがったのも異端視される原因の一つだろうなぁ
今は専門分野に閉じこもっているのが学問と思われ勝ちだし
:2014/03/05(水) 15:15:23.88 ID:

>>14
夢分析、もっとサクサクできるようになりたいよ
自己流だから合っているのかどうかもわからんけどw
ユング心理学、夢分析の公開講座とかやってくれないかな
:2014/03/05(水) 22:00:15.96 ID:

>>17
自分の夢分析がサクサクできたら人生の達人だろうな
基本的に難しいよね。俺もたぶんこれだろうなって場合がほとんど。
今生きてる人でユング心理学って言ったら誰なんだろうな
ユングの解説本(特に夢)でコレと思った人もいないんだが。
:2014/01/27(月) 01:52:44.12 ID:

1=5=6
つか今までユングスレたってない時点でどうかと思う
:2014/01/27(月) 03:53:53.68 ID:

そんなこと言ったらパブロフスレも立ってないけど?どうなの?
:2014/02/15(土) 22:08:10.49 ID:

ユングを読み始めて5年くらいでやっと元型の意味がわかった。
訳語が良くない。本能的宗教的無意識とでも言ったほうがいいと思うが
宗教アレルギーの日本じゃますます誤解されるか
:2014/02/28(金) 22:01:07.44 ID:

>>8
>>本能的宗教的無意識とでも言ったほうがいいと思う

それは誤読だな

:2014/02/28(金) 22:28:55.95 ID:

>>10
ではどう思うのだ?
:2014/02/16(日) 15:50:10.56 ID:

河合隼雄財団は何してはんねやろ?
:2014/02/28(金) 22:51:25.09 ID:

そう思うのだ。
:2014/03/02(日) 01:12:44.41 ID:

http://mimizun.com/log/2ch/dog/1021995311/26
http://www3.plala.or.jp/mimitaro/diary/2001/2001-02.htm
http://mimizun.com/log/2ch/dog/1021995311/36
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6183/main022.html
http://web.archive.org/web/20020811210339/http://www.fukuoka-tanteifile.com/file/img_file01/file1img.html
http://web.archive.org/web/20020802043315/http://www.fukuoka-tanteifile.com/file/file01.html
http://keiliru1.blogspot.jp/2012/08/blog-post_22.html
http://ameblo.jp/momona181/day-20121011.html
http://matomeru2ch.com/2ch-sony/1266590160/%E3%80%90%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%8
8%E8%99%90%E6%AE%BA%E3%80%91%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%BC%E7%A4%BE%E5%93%A1+%E6%A3%AE%E5%B1%B1%E5%AE%B
9%E7%96%91%E8%80%85%E3%82%92%E9%80%AE%E6%8D%95%E3%80%809+.html
http://maximam357.iza.ne.jp/blog/entry/2696797/
http://blogs.yahoo.co.jp/kami20110811/1818084.html
:2014/03/02(日) 01:13:23.26 ID:

https://skydrive.live.com/?cid=D5CE8B41AD8F801C&id=D5CE8B41AD8F801C!523



家画像:http://img4.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/64/df/kami20110811/folder/72001/img_72001_1818084_3?1322738984
家画像:http://img4.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/64/df/kami20110811/folder/72001/img_72001_1818084_4?1322738984

http://geocities.yahoo.co.jp/gb/sign_view?member=ja7gij
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Lucky/8223/index.html

:2014/03/05(水) 23:39:58.21 ID:

認識のレベルでは、感覚は皆同じなんだよ
それが理解の段階になると、人それぞれ変わってくる
認識=無意識
理解=意識
:2014/03/05(水) 23:58:10.61 ID:

>>19
それはユングとは違う考えだね?
人類共通なのは元型で、それ以外は無意識的創造があるのであって
認識=無意識、認識の時点での感覚はみんな同じと言うのは佐藤さんの新説かと思うがどうなのだろう
:2014/03/06(木) 22:55:02.69 ID:

元型とは直接に体験することができない何かである。
体験されるのは常に原型が生み出すイメージだけである。
:2014/03/06(木) 23:34:14.33 ID:

変な話だけどオナ禁してると過去に好きだった異性が夢に出てきやすいらしい
自分も体験済み。
これはいったいどういうことなのか
:2014/03/06(木) 23:47:37.73 ID:

それは、マスターベーションの元型のコンステレーションだ!
:2014/03/07(金) 16:17:10.24 ID:

痴呆のオカルト主義者に現実的着地点はなかった~ァ
:2014/06/01(日) 20:33:03.61 ID:

いいんです。

どっちでも・・・

:2014/06/01(日) 22:06:25.82 ID:

ヤフオクで買ったアフリカの植物の種を育苗ポットにまいて水かけてたんだ
1週間くらい芽が出なくて諦めかけたとき、芽が出た夢を見た
そしたら次の日、本当に芽が出てた 偶然なのか知らんが、なんか神秘的だった
:2014/06/02(月) 20:57:07.42 ID:

共時性ですね。
「いみのない偶然の一致!」
:2014/07/07(月) 17:56:53.32 ID:

>>27
意味は解釈される
偶然の一致に自我が投影した物語を見出すから
:2014/07/21(月) 14:53:06.27 ID:

>>27
え?それは共時性とは違うんじゃない?
:2014/06/03(火) 00:48:15.94 ID:

ユングの話は性的堕落と神秘主義に傾きやすいから困る
:2014/06/08(日) 05:59:42.90 ID:

終わったブーム=ユング心理学
ブーム終わっても俺はやる。
っていうのは、勇気と実力が要るな。かかか。
:2014/06/21(土) 02:50:04.11 ID:

またオカルトの話してすまないけど
易占いってけっこう当たるんだが不思議だな
:2014/07/03(木) 22:20:15.29 ID:

超常現象肯定派です。一応、パウリとユングくらいしか、有名人の後ろ盾がいないのが現状です。
:2014/07/04(金) 02:37:12.47 ID:

パウリって人初めて知ってwikipediaで見た程度の知識で書いちゃうけど
この人がユングを認めたのなら、やはりユングのいってることは本当なのでは
:2014/07/07(月) 19:48:53.93 ID:

ユング心理学は歴史人口学、家族人類学、政治の分野に応用されてる
ユング心理学 = 宗教を信じてる人というのは大間違い

心理学を歴史人口学に応用した「世界の多様性」を読めば
宗教やイデオロギーが家族構造に影響したのではなく
家族構造を最小単位にして、それが宗教や社会構造に拡大していってる分かる

例えば成人しても親は一子と同居し、兄弟の相続が不平等な家族構造
所謂直系家族が多い地域は、親子関係が縦型で権威的になり
兄弟間の扱いが生まれながらに不平等なことから
神(父)は生まれながらに救済する人(兄弟)を決めてる予定説と相性が良かった

しかし、直系家族の勤勉性により識字率が上昇し信仰義認が起こると
宗教が世俗化し、代わってイデオロギーが出てくる
このイデオロギーは宗教と同じく家族構造を模していて
直系家族の多い地域は社会民主制と自民族中心主義が出てくる
これは父との関係は権威的で大きな政府を模していて
全ての人間は平等に救われずに、階級に応じた救済と平等が達成されるからである

以上のことから権威的な性格は親子間の同居が長いほど起こりやすく
人々を基本は同じものと見られないのは
兄弟間の相続が不平等な家族構造ほど起こりやすい

日本の選挙結果にも色濃く出ていて、直系家族の多い地域は自民党に入れやすい

「世界の多様性」では日本全土が直系家族地域となってるが、これは彼自身認めた大間違いで
平等主義核家族(成人すると子は全員独立し、兄弟の相続は平等)
絶対核家族(成人すると子は全員独立し、兄弟の相続は遺言によって決まる)もある
核家族の多い地域は技術や教育を施す期間が短いので学歴や年収が低くなりやすい
これらの地域に直系家族が移住すると教育上有利なので中上層に食い込む
しかし、核家族化すると階級の上昇が止まる、これを「受け入れ社会の万能」といい
絶対核家族だらけの米国で多く見られる現象が起こる

:2014/07/08(火) 12:57:28.68 ID:

宗教、歴史、政治経済からUFO、オカルト、心理学まで

あらゆる情報の宝庫!

今日の講義は『法相の唯識論(ゆいしきろん)』です。

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/

:2014/08/07(木) 16:38:47.64 ID:

今の時代が求めているのはアドラー?
まあ、わかりやすいっちゃわかりやすいかw
:2014/08/15(金) 18:06:33.92 ID:

ユングが言うところの「シャドウ」が幻覚となって見えることはありますか?
まさに人型の影が見えるときがあります。で、それは自分のような気がするのです。
見えたときは恐怖を感じます。
:2014/08/15(金) 21:42:01.07 ID:

その通りで幻覚や幻聴は無意識が作り出したものということだろう
タイトルを思い出せないけど著書でそう言ってたと思う
:2014/08/15(金) 23:33:25.47 ID:

>>39
ありがとうございます。正体がわかると少し安心します。
ユングの本はたくさんありますがちょっと調べてみます。
ありがとう。
:2014/08/17(日) 04:20:17.93 ID:

鴻巣市の佐々木航(鴻巣西中、国際学院高校出身)は低学歴の馬鹿。こいつはキモいしウザい。こいつは窃盗・強盗・傷害をやった。警察はこいつを豚箱にぶち込んだほうが良い。
:2014/08/26(火) 11:43:52.50 ID:

宗教から歴史、心理学、政治経済まであらゆる情報の宝庫!

本日の講義は『人間の探究 67 草木成仏』です。

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/

:2014/08/26(火) 22:24:33.17 ID:

おっほ、
:2014/11/04(火) 01:35:41.99 ID:

うっほ
:2014/11/04(火) 01:37:28.83 ID:

しかし、河合が死んだら、こんなにユングがダメになるとは思わなんだ。
:2014/11/04(火) 03:44:12.83 ID:

ま、若者なら、シャドウより シャウト だな。
:2014/11/15(土) 17:20:58.78 ID:

ユングの人格類型論について勉強したいんですがおすすめの本教えていただけませんでしょうか?
ちまたではなんだかよく訳のわからない人が自己流の解釈をして出してるようなものばかりで。

詳しいかたよろしくお願いします。

:2014/11/15(土) 21:07:37.09 ID:

ユングの解説本は本当にロクなのが無い
とにかくユングの翻訳本読んだほうがいいんじゃない?
俺は直感でタイプ論は捨てたんで熟読はしてないが。
:2014/11/16(日) 09:28:39.55 ID:

>>48
ありがとうございます。
タイプ論受け入れるかどうかは個人のこのみですもんね。
そうですよね。個人的解釈が強いのが多くてユング本人が何を伝えたかったのか分からなくなるので。
でもAmazonで検索しても解釈本しかなくて。

もう少し詳しく探してみます。

:2014/11/16(日) 10:33:28.98 ID:

>>48
人格類型論って、「人の性格は、論理型非論理型が4タイプずつの各1つずつ持つ(どちらかが優位)っていう32タイプに分類できる」主張だっけ?
あれは統計に片足突っ込まないと確認できないから個人で検証するのは難しいよな。原文見てないからどういうニュアンスなのかも知らないけど、、、
:2014/11/16(日) 15:25:16.15 ID:

>>51
連レスすいません。内向、外向 の2タイプ×感情、思考、直感、感覚の4タイプなので8個のタイプに分類することができます。
:2014/11/16(日) 09:57:52.04 ID:

タイプ論は中央公論社の世界の名著で見たな
ただ世界の名著って論文の一部を抜粋してあったりするし
良い本かはわからない
:2014/11/16(日) 15:23:03.20 ID:

>>50
見つけました。約500ページもあるんですね。
臨床心理学の入門書より少し詳しい位でいいので、というか読む→覚える自信がありません。笑

とりあえずベストセラーになってるユング心理学入門を買おうと思います。
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4563055115/ref=aw_wl_ov_dp_1_7?colid=2KTGF37YDOKC0&coliid=I26HR4IZRTUY78&phoneCarrier=wifi&phoneType=Android4

この辺なら頭にはおる量で類型論+α学べそうなので

:2014/11/25(火) 04:39:57.37 ID:

無意識は、相互社会である
:2014/12/20(土) 18:46:05.75 ID:

ユングはなんのやくにもたたない。臨床においてもwwwwwwwwwwwww

スイスがうんだ、馬鹿、その名も、ユング

しょせんヨーロッパ人なんてそんなもの

:2014/12/20(土) 19:23:24.37 ID:

なんか、おかしなのが湧いてきたな
:2014/12/20(土) 21:28:20.11 ID:

むしろ人がいたことに驚いた
:2015/02/13(金) 15:53:52.87 ID:

集合的意識、集合的無意識を具体例で言えばなんなんだろう
よくわからんや
:2015/02/19(木) 15:28:45.42 ID:

宗教・歴史・哲学・心理学から政治経済・在日朝鮮人問題まで

あらゆる情報の宝庫!‘目からウロコ’の講義を毎日発信中です!

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/

http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi

:2015/02/23(月) 06:15:24.58 ID:

河合隼雄の後継者が育っていないよね
財団は何してはんねん?
:2015/03/03(火) 17:02:10.07 ID:

孤独で病んでた時期に、元型世界、体験したことある
:2015/03/04(水) 15:18:56.21 ID:

>>61
差し支えなければ詳しく聞きたいな
:2015/03/06(金) 03:19:35.17 ID:

ユングとかマズローとか使う心理士って
オカルト臭い事言い出すスピリチュアル系のあやしい奴ばっかな件
:2015/03/06(金) 09:46:35.28 ID:

まぁ左道化しやすい性質だわな
オルテガの言う精神的貴族でなければユングの心理学は応用出来ない
:2015/03/06(金) 10:17:22.83 ID:

河合さんのインテリ?論文なんてどれだけ現場の役に立つんかい。
トラパーなんかも。
飲み屋に繰り出した方がぜーんぜんいいや。
宗教、哲学好きなんかはどうぞ。
:2015/03/10(火) 00:39:13.06 ID:

ユングたん…(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ

ユ、ユングたん…、ユングたん…(;´Д`)ハァハァ

ん、んんっ

アッ

ハウッ!!

:2015/04/12(日) 21:34:48.57 ID:

挫折を味わった人ほど元型的な夢を見る
:2015/04/13(月) 15:22:36.64 ID:

影はしょっちゅう、アニマはたまに(今朝は最高にロマンチックだった)、老賢人は一度だけ噂として、太母は一度も記憶が無い。
:2015/04/13(月) 22:30:30.02 ID:

放送大学でユング心理学を勉強してみる
:2015/04/14(火) 09:57:39.80 ID:

amazonで「精神分析とユング心理学 放送大学教材」で検索してレビュー見てみ
:2015/04/14(火) 11:08:38.83 ID:

>>70
あなたが書いたんですね
:2015/04/19(日) 17:07:18.68 ID:

放送大の臨床心理、ク○真面目せんせのカタブツ講義、
心がなく、あほらしくて聴いていらんない。
:2015/04/19(日) 21:22:05.47 ID:

放送大学のは見たことないがあんまりいい解説書ないよね。
ユング自身も、試行錯誤でやってるせいであやしいものもある
それは仕方ないし、ディスる気はないけど。
“オッカムの剃刀”流に要らないもんを削除するとしたら、マンダラとか錬金術はなくてもいいと思う
なくてもいいものをわざわざそのまま解説してるのが日本で流通している解説書、と思う
だから解説書がわかりにくい
:2015/05/11(月) 07:55:14.03 ID:

735 名前:名無しさん@お腹いっぱい。@転載は禁止[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 12:53:51.47 ID:EJxYo51G0 [6/8]
>>729
ユングのペルソナに「一人一体」、「ワイルドという突然変異体」など特徴ない
しかも同じ元型ではあるが「シャドウとペルソナは同じ物」なんてない
(アニムス、アニマはシャドウと同じ物だ!みたいな感じ)
1、2の悪魔の存在も集合的無意識の悪魔元型で説明出来る

よって個人的に3からはすでにユングの心理学の似て非なるもの
まああくまで自分の見方だけど

736 名前:名無しさん@お腹いっぱい。@転載は禁止[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 13:08:15.03 ID:EJxYo51G0 [7/8]
あと>>514の画像に参照すると
3からのペルソナはタロットカードが主軸というよりも学園物こそ本質で、
心理学やSFっぽいワードは飾りに過ぎないかなと思うんです

あと「時空干渉作用」とか「命の本質」とか「命あるものなら行使できる可能性」とか中二臭い造語大杉
良いライターは「難しい話をわかりやすい言葉で説明する」
そして下手なライターは「わかりやすい話を難しい言葉(造語)で説明する」なんて、個人的に思うんですね

:2015/05/13(水) 21:24:20.81 ID:

皆と同じルールを守りたいっていう集団帰属心理が無意識
:2015/05/21(木) 07:06:50.97 ID:

俺のよく見るブログで無意識の心理学が取り上げられてて、その内容がとても興味深くて面白かったんだが、リツイートしてる輩が「こういう心理学ってそもそもオカルトだからなぁ^^:」みたいなクソリプばっか飛ばしてて不服だった。

世間では河合隼雄やユングはオカルト扱いなの?

:2015/07/01(水) 10:26:22.19 ID:

過疎ぉ
:2015/07/04(土) 05:58:24.29 ID:

☆ 総務省の『憲法改正国民投票法』のURLですわ。☆
http://www.soumu.go.jp/senkyo/kokumin_touhyou/
☆ 日本国民の皆様方、2016年7月の『第24回 参議院選挙』で、日本人の悲願である
改憲の成就が決まります。皆様方、必ず投票に自ら足を運んでください。お願いします。☆
:2015/07/09(木) 00:48:37.32 ID:

反日テロ犯罪者 通名在日暴力ヤクザ 通報祭り開催中!

乗るしかない このビッグウェーブに

http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/
http://tonzlerslist.blog.fc2.com/

:2015/07/15(水) 00:28:34.63 ID:

今、夢分析ならこの本ってのはあるのかな
amazonで2~3冊適当に注文してみたが。
:2015/07/16(木) 12:28:41.72 ID:

ユングを読んで信じるかなと思った占いは共時性のタロットのみ。
:2015/07/16(木) 14:51:30.70 ID:

>>82
易占は?
:2015/07/18(土) 00:16:10.33 ID:

ほんと、日本の本は大したこと無いな
洋書ならいい本あるのかなー
:2015/07/18(土) 13:35:20.90 ID:

心理職域が、名称独占国家資格として、登場します。
名称独占資格に新しいラインナップ登場。

名称独占資格の比較
Ⅰ 受験資格の比較
1 社会福祉士
① 4年制大学卒  + 実務経験1年以上
② 福祉系大学4年
2 精神保健福祉士
① 4年制大学卒  + 実務経験1年以上
② 福祉系大学4年
3 公認心理師(案)
① 4年制大学卒  + 実務経験3年以上 ← NEW
② 文学系大学院卒
4 介護福祉士
① 学歴不問    + 実務経験3年以上
② 福祉系大学等

Ⅱ 試験の難易度(合格率。最近5回分の数値。直近ではない。)
1 精神保健福祉士試験   58%前後 から 63%前後
2 社会福祉士試験     18.8% から 26%程度
3 公認心理師試験     未実施
4 介護福祉士試験     42%前後 から 64%前後(最近10年程度)
5 臨床心理士試験(参考) 60%(前後)

:2015/07/18(土) 15:06:49.50 ID:

ユングのツイート


ユングの意識構造図の説明
http://www.joyu.jp/movie/Microsoft%20Word%20-%20%E7%AC%AC19%E5%9B%9E%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E8%AC%9B%E7%BE%A9.pdf#search=%27%E5%85%83%E5%9E%8B%E3%81%A8%E5%80%8B%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%8C%BA%E5%88%A5%27

:2015/08/01(土) 18:11:01.52 ID:

 今川博士の研究
初級 

中級 

上級 
:2015/08/31(月) 22:20:08.42 ID:

シューマッハが頭いてもうても助かってんけど
河合隼雄さんはあかんかったなあ
ああ~残念や

言うたら悪いが息子さんもイマイチだし

:2015/09/05(土) 15:16:11.45 ID:

ゆ~んぐ、んぐ、んぐ
:2015/09/07(月) 11:47:33.44 ID:

誰か推薦図書くらいまとめなさいよねプンプン
:2015/09/07(月) 12:51:05.17 ID:

「自我と無意識」 「分析心理学」が初心者向け
:2015/09/08(火) 11:06:47.25 ID:

なんで隼雄さんは救われんかったんやろ
気の毒
:2015/09/08(火) 11:26:21.28 ID:

不謹慎だが助かってたらどんな夢を見ていたか聞けたな
:2015/09/08(火) 16:44:18.57 ID:

それは、保有資格によって、ちがうんじゃないか?

精神科 等 に係わる資格一覧。
Ⅰ 業務独占国家資格
① 医師      医師法
② 薬剤師     薬剤師法
③ 看護師     同上
④ 理学療法士   理学療法士及び作業療法士法
⑤ 作業療法士   同上
⑥ 臨床検査技師  臨床検査技師等に関する法律
⑦ 臨床工学技士  臨床工学技士法
⑧ 診療放射線技師 診療放射線技師法
以下、略。

Ⅱ 名称独占国家資格
① 精神保健福祉士 精神保健福祉士法
② 公認心理師   公認心理師法(案)                ← NEW
等。

Ⅲ 医事法制上 無資格
① 臨床心理士
② 学校心理士
③ 対話心理士

:2015/09/08(火) 18:25:46.22 ID:

【速報】公認心理師法案、参議院文教科学委員会でも可決、あす9日成立へ
:2015/09/08(火) 19:32:58.08 ID:

お話の途中ですが、名称独占国家資格に新しいラインナップが登場します。
名称独占資格の比較

Ⅰ 受験資格の比較
1 社会福祉士
① 4年制大学卒  + 実務経験1年以上
② 福祉系大学4年
2 精神保健福祉士
① 4年制大学卒  + 実務経験1年以上
② 福祉系大学4年
3 公認心理師(案)
① 4年制大学卒  + 実務経験3年以上 ←  NEW
② 文学系大学院卒
4 介護福祉士
① 学歴不問    + 実務経験3年以上
② 福祉系大学等

Ⅱ 試験の難易度(合格率。最近5回分の数値。直近ではない。)
1 精神保健福祉士試験   58%前後 から 63%前後
2 社会福祉士試験     18.8% から 26%程度
3 公認心理師試験     未実施
4 介護福祉士試験     42%前後 から 64%前後(最近10年程度)
5 臨床心理士試験(参考) 60%(前後)

:2015/09/09(水) 23:52:35.00 ID:

公認心理師、ついに国家資格化したか。
国家試験は、早ければ3年後から始まるってさ。
今、臨床心理士の人たちの移行措置とかは、
これから決めていくのかな?
とにかく、これから心理職をとりまく状況も
色々変わりそうだ。
:2015/09/15(火) 17:08:59.95 ID:

誰か、いますか?
:2015/09/15(火) 21:09:46.07 ID:

いるよ
:2015/10/02(金) 19:46:17.26 ID:

赤の書読んだ?
:2015/10/07(水) 11:04:35.75 ID:

読んでないなぁ 高いし・・・
:2015/11/09(月) 00:30:53.57 ID:

最近私の夢にアニムスが出てくるんですが、アニムスを夢に登場させている
のはアニムス自身の意思なんですか?
それとも、私自身の無意識が無意識自身の思惑で私にアニムスの夢を見させ
ているんでしょうか。

ユング心理学では夢って何のために(あるいはなぜ)見るんでしょうか。
(アニムスの夢だけではなく)人が夢というものを見る原因について
ユング心理学では何か学説などあるのでしょうか?

:2015/11/09(月) 00:59:20.75 ID:

>>102
3行目が正解だろうと思う

で、後半の質問については、たいていの夢は補償のために見る。
補償とは、あなた自身の現実の意識に足りていない何かがあって、
それに気づいて欲しいって無意識が思ってるってこと。
つまりあなたの無意識が、そのアニムスがあなたに足りない何かを補ってくれるから、
そのアニムスが登場する夢を作ったってわけ。
ってのがユング心理学の見解だと思ってる。

:2015/11/09(月) 17:43:14.76 ID:

>>103
お返事ありがとうございます。
無意識というものは私(自我)とは独立した思考をする能力があるのですね。
思考能力があるのは自我とか健在意識だけかと思ってました。
人間は自分で自覚できる思考以外にも色々思考してるというか・・・
:2015/11/09(月) 17:53:33.78 ID:

>>103
お返事ありがとうございます。
ではアニムス自身が独自の思考や意志や人格を持っているわけではなく、
あくまでも無意識がアニムスといういわばパペットを使った夢を私に
見させている感じでしょうか。
無意識というものは私(自我)とは独立した思考をする能力があるのですかね。
思考能力があるのは自我とか健在意識だけかと思ってました。
人間は自分で自覚できる思考以外にも色々思考してるというか・・・
:2015/11/09(月) 21:29:19.20 ID:

>>104>>105
意識と無意識はまったく別の思考をすることはあります。
意識が片寄ったり間違った見方をしてたり、あるいは不足しているものがあると
無意識が夢を見させて補正・補給を促すんですね。
無意識の思考の傾向としては、生命の充実・人類や生物への慈しみがあります
そういうのが不足してたり、あるいは例えばそのアニムスから何か学ぶべきものがあったりすると、
補償の夢を見るわけですね

で、私は大抵は補償、と言いましたがその例外もあるんです
無意識とは一人の人で閉じてなく、他の人とつながってます
(あまりにもオカルトすぎると感じられるかもしれないですが。)
例えばAさんがBさんに会いたいと心の底から思ったとします
すると、Bさんの夢にAさんが出たりするんです
あなたの夢もそうかもしれませんが、まぁあなたの現実と夢の内容次第ってところです。
夢の解釈をしてみると面白いですよ

:2015/11/10(火) 14:19:47.32 ID:

>>108
ありがとうございます(実はこの過疎スレで意外に早く返事が来て非常に助かってます)。
なるほど。無意識というものはそういうことになってるんですね。
では「投影(同一視)」という現象も無意識の思惑や計画が働いているのでしょか。
それともあれは思惑や計画とかいったものではなく自然に
そうなってしまうような、いわば条件反射的な現象なのでしょうか?
:2015/11/10(火) 22:55:48.80 ID:

>>113
私としてもユングに関することを人に話すのはまれなので楽しんでますよ。
で、無意識の計画、とまで言うと表現が強すぎると感じますね
精神の主体は無意識にあるように思えて。

投影も結論から言えば無意識の指向性が関わっていると思います
投影というと一般的にフロイト説をとって自我の防衛という風になっていますが私は違うと考えます
例えば投影をしてむしょうに腹が立って、どうしようもなくなり何らかのトラブルに発展しますが
これが本当に自我を守っているでしょうか。そうではなく、自己の発展のための
創造的破壊を促す行為が投影だと思います。
私は投影を行っている人物の夢を2度診ましたが、投影自体を完全に否定した形の夢でした
嫌なことを意識外に忘れさせても(抑圧)、無意識が自己の発展のために
夢や投影によって外に表現するというところじゃないでしょうか

:2015/11/11(水) 00:14:02.45 ID:

>114
ありがとうございます。やはり無意識ですか・・・

>>117
ありがとうございます。自分の中の嫌な部分を他人に投影し不快になる
のは自分を発展させるために自分を不快にさせてる原因(自分の中の嫌な部分)
の自覚を無意識が自我に促しているんでしょうか。
まるで、体内で発生させてしまった(体内に入れてしまった)毒素を
吐き出そうとして(なおかつ毒素の存在を自覚させ生活習慣や食べ物
の選び方を改めさせるべく)不快な症状が現れるようなイメージをしました。

>精神の主体は無意識にあるように思えて。

精神の主体ってどこにあるのでしょうか?

:2015/11/11(水) 00:27:45.55 ID:

>>118
精神は意識と無意識のコンビネーションなんじゃないかと思ってます
どちらが主か従かというより。意識でしか出来ないことがあり
無意識でしか出来ないことがあるのですから。
:2015/11/11(水) 04:15:44.65 ID:

>>117
意識の指向性と無意識の指向性の矛盾が心の病を見る上での幹ではないかと考えます
例えば認知行動療法などはその点において無意識の傾向を軽んじているように思えて私は懐疑的です
:2015/11/11(水) 05:04:08.42 ID:

>>121
「無意識の構造」?
:2015/11/12(木) 17:48:48.87 ID:

>>119
なるほど。
それぞれは精神の一部分にすぎず、各領域(担当部署みたいなもの?)が
連携し合わないと精神は精神たりえない(精神の体をなさない)感じですかね。

>>121
認知行動療法というものはあいにく存じませんが
心、という一つの生き物は決して意識だけでも無意識
だけでもない、それぞれの部署が複合的に連携しあわさって
成り立っているんでしょうね
特定の内臓や器官だけをさして「人間」とは呼ばないように。全パーツが
そろわないと人の姿として生物として成立しないように・・・

私(健在意識・自我)も無意識も、「心」という一体の生物
を構成する内臓や器官の一つに過ぎないもので、決して主体ではない。
全てが合わさることで初めて精神(主体)たりえる・・・

ユング心理学でいわゆる「心の全体性」というのはそういうことですか。

:2015/11/12(木) 21:58:16.18 ID:

>>127
意識や無意識を~~に過ぎないなどと言われるのは違和感がありますね。

というのも例えば無意識が作る夢とは意識に対するメッセージを暗示した芸術作品であり
意識と無意識が共に、自分の、あるいは時に他人の命をも輝かせるものです
あるいは心の浄化、カタルシスと言ってもいいでしょう
また、意識のほうも無意識と一緒に自分を磨く努力をすることによって、ますます無意識もそれに応えていきます
そのような関係なので、私はコンビネーションと表現したのです

つまるところ、意識と無意識の関係を語るときその底流に生命の躍動感を置かなければ語れないのです
あなたの理解にそれがあるのか?と思ったのです

:2015/11/12(木) 23:52:03.81 ID:

>>128
意識と無意識の関係がとるに足らないものだという
ニュアンスで書いたつもりはありません。
むしろ両者のコンビネーションこそが生命の躍動感ともいえる輝き
を生み出すのだと思ってます。
そしてその輝きは、両者がそろわなければ発生せず、決して
どちらか片方だけではなしえない。
ある意味精神の主体はそういった心の各部分が絶妙に連携した
コンビネーションに宿るのかもしれないと思いました。
:2015/11/13(金) 21:51:59.11 ID:

>>129
それならばよかったです
大事なところでしたのでつい言い過ぎました、ごめんなさい。
:2015/11/11(水) 04:08:03.64 ID:

>>108
>無意識の思考の傾向としては、生命の充実・人類や生物への慈しみがあります

これだいじなところをついてますね
すばらしい指摘だと思います
今の世の中、ストレス社会と言われて久しいですが、経済主義に偏り日々の労働に追われる毎日を
送る人達が心に問題を抱えがちになるのも、ここにカギがあると自分は見ています
意識が上述の無意識の要求に逆らわざるを得ないような世の中の流れ・価値観になっていますよね

いわゆるメンヘラの人達への支援においてもこのことは重要な着眼点であると思いますが、
現状ではこういう認識が軽視されているように思えてなりませんね
いろいろな心理療法がありますが、この指摘に関するようなことにはあまり触れられませんものね
「生命の充実・人類や生物への慈しみ」を悟り、育てていくことこそが心の健康において大事ですよね
それを悟るためには、「直感力」を伸ばしていけるようなアプローチが重要になってくるでしょう

ユング的視点は、日常で失われがちなその「直感」を大いに引き出してくれるので、そういうところも
私にとっては魅力です
私は般若心経にも関心がありますが、その世界観にも通じるところがありますね

:2015/11/11(水) 23:23:31.03 ID:

>>120>>121
意識と無意識のねじれが心の病を生むというのは間違いないですね。
ユングの視点で現代社会を見ると様々な問題が見えてくる、
現代社会あるいは個人への処方箋を作るのにユングは大変有効なツールのひとつになるでしょう。
しかし、ユングには分かり難い部分も多いのでそれを整理改良しなければならないとも思ってます
夢の解釈はもっとわかりやすくし、元型論やマンダラなどは私は捨てていいと思ってます
:2015/12/15(火) 08:21:01.31 ID:

>>126
原型論やマンダラを捨てて良いとは思わないが、一旦は別物として切り離して考えた方が混乱はしないだろうね。
:2015/11/09(月) 18:14:11.57 ID:

横からすみません。
私もお伺いしたいのですが、では悪夢を見た場合というのも補償にあたると考えるのであれば、
どのように解釈できますかね?
悪夢を見るのは悪いことではない、というようによく言われますが。
:2015/11/09(月) 21:45:30.24 ID:

>>106
悪夢を見るというのはやはり直すべき何かがあなたの意識にあるということであって、
きちんと解釈すれば、直すべきものが見つかってより良い自分になれるのですから悪いことではないですよね。
でも、悪夢を見るのはたいていは意識と無意識がうまくかみ合ってないということで、
そういう状態はアンラッキーなことを引き寄せてしまう場合もあるので
そういう意味では悪夢を見たらなるべくはやく解釈して現実を改めると良いかと思います
:2015/11/09(月) 18:59:39.08 ID:

>無意識というものは私(自我)とは独立した思考をする能力があるのですかね。
そうなのでしょうね。今までに見てきた夢を覚えていられない、というのも独立しているゆえに
一種の解離のようなものがおきているんだろうな、と自分は考えたりしています。
シャドーが表出する場合なんていうのも無意識の力によるものでしょうね。
例えば、酔っぱらって人格が変わるような人の場合も、意識的なものではないでしょうからね。
:2015/11/09(月) 23:05:42.90 ID:

やっぱりユングって面白いわ。
なんとなく漠然とながらも思っていた自分の心理というものを、
そのものズバリ直感的に説明してくれているというか。
頭にすんなり入ってくる。
自分にはユングが向いているのかもしれない。
:2015/11/10(火) 01:13:16.03 ID:

ユングのタイプ論で言うなら、内向直感型で内向思考も高いタイプの人に向いているでしょうね。
:2015/11/10(火) 07:53:54.94 ID:

まだ心理学を信じてるキチガイがいるんだ

こーゆうキチのチンコを舐めるブスがいるからどーしようもないなw

:2015/11/10(火) 14:30:05.44 ID:

投影などに限らず防衛機制は多くの場合、無意識からの発生ですね
意識的な逃避や言い訳、ゴマカシは別として
:2015/11/10(火) 14:49:13.83 ID:

投影同一視なんか自覚するのは普通の人にとっては並大抵のことじゃないと思うよ
たいていコンプレックスが隠れてるものだからね、自分が逃げていることだとか、無意識に卑怯なことを
やってしまっていたとか、誰もが目を背けようとしたくなることを認めるのは容易じゃないよね
:2015/11/10(火) 20:02:35.12 ID:

誰かゆうちょ銀行口座番号0661670、店名868、普通預金へ少しでいいので援助お願いします!
:2015/11/11(水) 06:01:58.84 ID:

「無意識の指向」の傾向ですね
訂正します
:2015/11/11(水) 06:18:39.49 ID:

>>123
いや、122は、本の名前。

ただ、その理論は、実際には、使えるかどうか疑問だろ。
社会生活を営む以上、大なり小なり、だれでもそういうことはあるし、
今のネットの時代には、効率よく処理できるので、以前よりは、
問題ではなくなっているのでは?
どちらかというと、そんなことを人に話している間に
問題そのものを解決できてしまうほど、ネット時代の情報は早くないか?
もちろん、この場合の「解決」というのは、「目処をつける」程度の意味だが。

:2015/11/11(水) 06:56:01.68 ID:

ユング入門書といわれる河合隼雄氏の著作のことですね。
未読なので、どのような理論なのかわからないです、ごめんなさい。

>その理論は、実際には、使えるかどうか疑問だろ。
>社会生活を営む以上、大なり小なり、だれでもそういうことはあるし

「その理論」「そういうこと」が何を指しているのかちょっとわかりかねるのですが、まあ
「それで良し」と出来る方は、もちろんそれで良いと思いますよ。

:2015/11/17(火) 00:32:51.38 ID:

>むしろ両者のコンビネーションこそが生命の躍動感ともいえる輝き
>を生み出すのだと思ってます。

こういう大言壮語的かつ抽象的なものいいをする奴はダメ
学術的な議論になってない
観測できる事実だけを書いたほうが、よほど興味を引けるよ

:2015/11/17(火) 07:31:08.57 ID:

>>131
心理を語る上で唯物的に偏り、観念的・感情的な視点を欠いているのは修業が
まだ足りないですね
ユングを批判したり、観念論を軽視する方達に共通していえる特徴ですが、あなたの視点は
心理と云うもののほんの一側面しか見えていない状態です

学術的に実証されてきた事例も、元は観念論的視点で発見され、そこから検証されて
いくものですよね

ユング的に言うならば、あなたは外向思考・感覚に偏り内向直感・感情が劣等機能
となっていることを自覚されていないでしょう
直感・感情は質の良い親子関係、人間関係や恋愛において育まれるものです
物語や人のやさしさなどに心揺さぶられ感動できるというのも感情的・直感的な才能です
あなたはそういう点において、苦手意識を持ってはいませんか?
女心を理解することが難しく感じられませんか?
そういう方にこそ、ユング的視点は盲点や弱点を補えるヒントをもたらしてくれるものです

:2015/11/17(火) 12:29:23.84 ID:

>>132
良いこといいますね
特に唯物論的な姿勢を補正しようとするあたり大いに同感です
:2015/11/17(火) 12:27:32.03 ID:

>>131
その辺を言葉で説明できたらその人は偉大ですよ
体験した人にはわかると思いますが、体験してない人に説明するのは至難の技です
:2015/11/19(木) 11:15:25.27 ID:

オカルト馬鹿のフリして楽しい?
それともマジもんかなww
:2015/11/19(木) 11:25:06.56 ID:

知りもしないもんにケチつける奴をバカっていうんだよ
:2015/11/19(木) 11:35:54.82 ID:

ユングを理解するにはセンスがないと
野暮な奴には無理
:2015/11/19(木) 22:36:09.82 ID:

しかしこのスレに来るくらいだから興味はあるんだろう
無意識的に
:2015/11/22(日) 18:16:11.15 ID:

無意識下に孤独感を抱えたかまってちゃん。
:2015/11/22(日) 21:13:54.11 ID:

でもそれは文明が生み出している心の病だ
:2015/11/25(水) 07:36:51.99 ID:

>>140

キミ!キミだよ!そうキミ! そんな時間にカキコしてるということは無職非国民だね?このスレはそういう輩の巣

つまり…
児童福祉法違反で逮捕された三田谷学園元職員の堂垣直人(西宮市老松町)は、結局どういう罪になったの?
被害者家族のケアを芦屋市役所と兵庫県警はちゃんとやったのか?

この過疎スレのキミたちはちょっとは社会のために役にたつ気はないのかな?
視野が狭いね、このスレはw

ったく…ええ?

:2015/12/15(火) 09:41:51.12 ID:

原型論も曼荼羅も捨てないでー
これがあったから救われた
:2015/12/15(火) 22:32:58.72 ID:

>>142>>143
なんか、元型論やマンダラがなくても夢の解釈が出来るからそう思ったんだよね
元型論が無いとだめだってものを見たことが無い・・・
もちろんユングは元型論を用いる夢は相当な危機に陥っているような人の夢だって
言っているのは知っているつもりだけど
:2015/12/15(火) 18:11:35.78 ID:

ユングみたいな人間的要素が切り捨てられるような社会
であるかぎり、ユングは人々を惹きつけ続けるだろうね。
人間には癒やしが必要だ。

社会がユングを公認するときがあったら、
そのときはユングは空気みたいな存在になり、
ユングの名前は不要になるかもしれないが。

:2015/12/15(火) 22:31:33.71 ID:

民主社会は世界を一新させるくらいの産業を発達させたことによって
結果的に唯物論を促進させる働きをしてしまったと思う
精神的な自己実現を考えず物質的豊かさによって幸福になるんだとか、
人間は動物の一種にすぎないだとか、金は貴いとか、
多くの人がそういう考えに染まってしまった。
でもそれは、魂との分裂にすぎなかった。
ユングの潜在的需要は相当なものだろうね
:2015/12/16(水) 10:25:40.63 ID:

夢で原型を見たんじゃなくて意識があるのに見えたんだよ。
その時はマジで人間辞めなきゃいけないのかと思った。
本当に気が狂ってしまうかと思った。
たまたまその時に原型論を知って救われた。
なんとか壊れずにやってこれた。
そういう人間もいるから役に立つとか絶たないとかで無くさないでほしいんだ。
:2015/12/16(水) 15:26:51.76 ID:

>>147
すごい体験ですね。自分はそこまでの危機を体験したことがなかったんで、
まだまだ甘かったようです。他の人が元型はあると言う以上、一方的に捨てるのは誠実ではないですね
:2015/12/17(木) 21:40:00.30 ID:

>>147
興味深そうなので差し支えなかったら詳しくきいてみたいです
:2015/12/21(月) 21:28:11.37 ID:

>>147
自分はマンダラの方だった。
内容を人に話したくない気持ち、分かる気がする。
:2015/12/17(木) 21:55:41.39 ID:

同じくです
:2015/12/21(月) 21:39:16.91 ID:

オカルト板に帰れバーカ
:2015/12/21(月) 21:45:21.62 ID:

>>152
そう思うのが普通だと自分でも分かっている。
だから言えなくなる。
:2015/12/21(月) 22:09:10.94 ID:

例えば元型的な体験を説明しようと思えば二つの困難がある
まず自分の現実の状況から説明しなければならない
他人に自分の精神的危機を語るのは簡単じゃない。
もう一つは夢や幻像の解釈はこれまた表現が自由奔放というか
ぱっと見わけがわからないことで簡単に誤解を招いてしまうということ、
それとユングの言う「傷ついた医者にしか癒せない」の言葉通り、
その人以上に辛い体験をしていなければその人の心はわからない
元型体験を話しづらいというのはそういうことではないだろうか
:2015/12/21(月) 23:03:30.67 ID:

>>154
そうですね。
自分はマンダラでしたが
先ず、理解出来る知識を持っている相手でないとオカルトか統合失調症の類で片付けられてしまう。
それから154さんが仰る様に、その体験に至るまでの説明と、自分の体験した内容を誤解が無い様に相手へ伝える事が困難ですね。
:2015/12/29(火) 11:40:22.96 ID:

河合隼雄さんはユングの紹介以上に河合心理学、河合社会学が良かった
縦糸横糸なんてまるで政策集
:2015/12/30(水) 23:27:12.14 ID:

幻覚や幻聴は無意識が作り出したもの
ということだろう
タイトルは思い出せないがエロゲーで
そういうセリフがあったと思う
:2015/12/31(木) 00:18:28.45 ID:

証明されてない「無意識」とやらを前提にしてる
そういうの詭弁っていうの
:2015/12/31(木) 10:47:13.43 ID:

自然科学以外の学問は、証明されてない用語も普通に使うがな。
:2015/12/31(木) 11:53:28.48 ID:

論理として成り立ってないんだよ
論点先取つーの
:2015/12/31(木) 13:01:13.03 ID:

文学のようなものだから問題なし
:2015/12/31(木) 14:05:51.93 ID:

無意識を体感するにはある種の精神が必要なんだよね
オルテガの言う「大衆人」とは逆の精神が必要
ここでいう大衆人とは労働者のことではない
人生と世界に対して誠実でない人のことである
:2015/12/31(木) 19:27:27.95 ID:

言葉だけの存在だったら、なおさら非論理的なのはダメだろバーカ
:2015/12/31(木) 20:26:11.34 ID:

誰にでも無意識がある
わからない人は意識的に気づかないようにしているのだ
では内臓は意識的に動かしているのか
夢は意識的に見ているのか
無意識がそうしているのだ
これでも不足かな
:2016/01/01(金) 05:56:07.93 ID:

「無意識がある」という前提が論点先取りなんだよな。
オッカムのカミソリで切り落としていい部分だ。
:2016/01/01(金) 11:06:17.40 ID:

>>165-166
だからそれはあくまでおまえの世界のルール
そのルールが通用しない世界もある
:2016/01/01(金) 06:37:33.88 ID:

やっぱり論点先取で循環してるから論理的にダメだし
自律神経系のことを無意識と混同してるようだし、精神分析学ってそういうんじゃないよね?
合ってるところが一つもないのに、自分じゃ賢いつもりなんだろーなー
:2016/01/01(金) 11:06:09.12 ID:

自律神経と無意識は関係が密接なのだが証明しろといわれても難しいよ
夢のほうはどうなんだ?無意識を認めないなら夢はどういう仕組みで見てるんだ
:2016/01/01(金) 12:36:39.99 ID:

ごちゃごちゃ言ってないで赤の書を読みなさいよ
:2016/01/01(金) 14:07:59.34 ID:

科学は目に見えないものに対しては盲目だからなあ
意思の力、心、魂、無意識、神…
これらを科学で証明するのは不可能だ
でもこれらを抜きにした生は、欺瞞だ
:2016/01/01(金) 20:26:37.31 ID:

夢?それがどうしたんだろうか
じゃあ現を見るのは?どういう仕組で見てるんだ?

夢を見るのは無意識で、現を見るのはそうじゃないわけ?
何を根拠に言ってるんだか、さっぱりわかんねーんだけど

:2016/01/01(金) 20:29:48.09 ID:

ミミズだってオケラだってクロンボだって内蔵ぐらいあるけど「無意識」が搭載されてるなんて論は聞いたことがない
そんな言葉は何の説明にもなってないしね
:2016/01/01(金) 21:01:24.46 ID:

現で見たいと思ったものを意識的にみてるじゃないか
2chに書き込みしたいから意識して画面を見てる
夢を意識的にはみれないでしょうに?

内臓と無意識の関係はだね、例えば胃潰瘍とか。
意識では仕事しなきゃいけないと思ってる
でも、意識に反して体が不調になる
意識に反してるのは何でしょう

それとね、じゃあ心はあなたはあると思うかないと思うか?

:2016/01/02(土) 06:50:33.08 ID:

そういう風に言葉をあいまいにこねくりまわしても、結局なんにも
出てこないと思うけどなぁ。
:2016/01/02(土) 09:57:00.44 ID:

だって物質でもないし数字にも表せないししょうがないじゃん
その人の学問に対する誠実な態度に期待するしかないよ
2chの書き込みだけじゃなくて世界の偉人が無意識があるって言ってるんだから
そこは一定の検討をしてみるのが科学的態度ってもんじゃないの
174さんは172とか165とか書き込んでた人?
:2016/01/02(土) 15:14:05.56 ID:

無意識というのはそれで何でも説明できる、宗教の神や仏と同じって事でいいのでは?
宗教だって預言者が神を信じ神学もあるし、その伝統を重んじる共同体があるのであれば
それに準ずるものがあってもおかしくない。反証可能性がないので科学ではないが、別に
それだって共同体が心の支えになっているのであれば問題ない。
:2016/01/02(土) 15:45:15.19 ID:

それは妥協と後退だよ
無意識は既存の宗教や科学を塗り替える可能性を秘めているのだから。
というか176のもったいぶった態度自体にいかがわしさを感じるわけよ
科学ってそんな態度でいいのか?あたかも位階をありがたがってる開拓武士みたいじゃないか
そうじゃなくて、新しい世界を構築しようとする進歩的姿勢が学問の本質だろうに
:2016/01/03(日) 17:32:40.67 ID:

ちょっと、何言ってんのか分かんないすー
とりあえず「無意識」がどうたらって説はまっとうな学問じゃないよ
そんな証明不可能な言葉だけのものでなんでも説明した気になっちゃうのは馬鹿のやること
バーカバーカ
:2016/01/03(日) 21:19:07.74 ID:

>>178
どう罵倒してくれてもいいですよ
人から笑われなければ本当の道ではないということです
歴史を御覧なさい 軽蔑されている連中がどれほど新しい時代を作ってきたか

それとあなたはちょっと神経症的じゃないですか
なんでわざわざ無意識がないとかユングスレに攻撃しに来るんです?
もしかしてあなた自身の心を抑圧しているからじゃないかと思っているんですがいかがですか
あなたは自分の心に誠実ですか?生命の躍動感を日ごろ感じてますか?
そうでなければ、このスレの言い争いどころじゃない運命的な事件を引き起こしますよ

:2016/01/03(日) 17:37:56.21 ID:

と馬鹿が言ってます
:2016/01/03(日) 17:41:45.57 ID:

「内臓が動くのは無意識」とか言っちゃう程度の馬鹿だしね
あ、動かなくなるのも無意識なんだっけ?
もうデタラメすぎてわかんねーっす
:2016/01/03(日) 19:03:03.41 ID:

お前らユングを語れてねえじゃん
そもそもユングを知らねえんだから語る以前の問題だな
:2016/01/03(日) 20:44:19.74 ID:

まあ、これだけユングが気になってやつが
いるうちは、ユングも安泰だな
それだけ無視できない存在感があるわけだ
:2016/01/04(月) 03:54:59.10 ID:

>生命の躍動感を日ごろ感じてますか?

うわぁ

:2016/01/04(月) 03:55:33.24 ID:

詭弁の見本市だな
:2016/01/04(月) 04:14:15.83 ID:

出産適齢期過ぎてるし生命の躍動感とか言われても・・・
:2016/01/04(月) 11:52:15.02 ID:

>>186
子供に期待するより、自分に期待ですよ

>>183
生命の躍動感ねえ、生きる喜びなど無縁の生活だ

:2016/01/04(月) 09:17:50.55 ID:

スレで無意識を否定していた人の背後にはもっと大きなものがある
それは科学の結果だけを相続して偉くなったつもりで満足している
甘えきったお坊ちゃんという世界的な、特に先進国に顕著な道徳的頽廃です
しかしそれは無意識の傾向と逆なのです
:2016/01/04(月) 22:01:04.70 ID:

現代は肉体的な困難は昔と比べてずっと取り去られてしまいました
いつのまにか、楽をすればいいんだというような考えまではびこってきました
苦境を打開した喜び、自らの志を達成した喜びも、忘れがちになってしまったのです
そして、打開と達成の連続という生物と人類の歴史から疎外されてしまったのです
これが、生命の躍動とは逆の、空しさの正体でしょう
150年前のある有力な本はこう証言しています。「民主国では自殺と精神病が増えるだろう」

また、補償の夢を考えてみてください。補償の夢とはつまり、現状の打開・改良を暗示します
これが無意識の傾向の一つです。現代人の楽な暮らし、楽しようという傾向は
無意識の傾向と反します。現代人は、2重3重にも空しさにとり囲まれているのです

:2016/01/05(火) 21:58:04.30 ID:

>>189
今帰った。自分的には面白い話だが、考えさせる内容だ。
民主国で自殺と精神病が増えるという話は知らなかった。
政治制度と心理の関係って面白そうだね。
国家権力が強いところでは、自殺は犯罪みたいなものだから、うっかり自殺もできないということなのかと。
:2016/01/05(火) 06:35:09.71 ID:

続きはFCバーゼルの柿谷から
:2016/01/05(火) 12:01:16.84 ID:

つまんないやつしかいねーな がっかり
:2016/01/05(火) 15:36:16.45 ID:

>>191
つまらなかったらあなたが去ればいいだけなのでは
おもしろくしたかったら、自分からおもしろい話題を提供するとか
自らこのスレにしがみついてて、つまらないと言う理由がわからん
:2016/01/05(火) 20:48:36.02 ID:

これが現代の大衆人の傾向なのです。冷笑主義で、唯物主義で。
:2016/01/05(火) 22:07:46.63 ID:

補償の夢というのは、損失補償か何かで、金で支払うか、人的補償のことだ。
心理学的には、よい心理になる要素として、賠償金をもらうとか、恋人ができるとかだろう。

精神的損害や、心の傷の穴埋めに、デリヘルや風俗で、辛いときでも一瞬でも生命の躍動が感じられるのかもしれない。

民主国になる以前は、身売りを強いられる女性は多かったわけで、笑ってはいられない話である。

:2016/01/05(火) 22:50:41.74 ID:

ユングの邦訳本で“補償”と言ってるんで私も使いましたが
補償って単語がなんかピンと来ませんよね
なんかお金の補償がすぐ思い浮かんで。
どういう意図でこういう訳語にしたのかと。原語もわからないんですけど。
“補正”のほうが直感的にわかるような気がします
:2016/01/05(火) 23:36:11.46 ID:

いいんだよ。補償でw
辛い辛い人生を歩んで、その補償にソープに行くんだ。
きっと生命の躍動は素晴らしいだろう。

ただ、行ったことのある奴らの話では、何度も何度も行くことになるらしいんだ。
埋めることが出来ないほど奴らの心の闇は深いようだ。

:2016/01/05(火) 23:55:54.97 ID:

そう、妻子持ちのこの俺も、工場のラインの仕事と援助交際の収入で
生計を立てている20代女性の1DKアパートに10年間通い詰めだった。
毎週のように抱いてやって涙を拭いてやっていたが、実家暮らしならば
彼女があそこまで金に執着することはなかっただろう。
:2016/01/06(水) 10:39:38.86 ID:

>>198
それってお前は客の一人ってことじゃねーかよ
:2016/01/05(火) 23:56:41.67 ID:

まったく197さんは仕方ない人ですね
生が萎縮している現代人の典型的パターンです

記憶がおぼろげですが明恵上人の本で女を買おうとした男の夢が載ってました
それは、グロテスクな交接の模様で、男は女を買うのをやめました

無意識の傾向は…格調の高さを求めるんです
意識が無用な欲望にまみれているとき、訂正を暗示します

:2016/01/06(水) 05:45:09.64 ID:

物事を意識的に受け取ってそれに反応して表現しているものには
無意識的な表現も付け加わっているから、それを自覚して
バランスを取ればいいという話、だけなのでは?
:2016/01/06(水) 15:24:58.20 ID:

ユングはカルト宗教みたいで面白いけど
心理学として人生を預けて見るには手堅さに欠ける感じもする。
ユングに限らないけども、物事で、面白さと手堅さの
バランスを取るのが難しいなぁ。
:2016/05/15(日) 15:59:02.70 ID:

>>202
カルト宗教だからこそ、凄い効果があるんじゃないのか。
NLPのカウンセラーでカルト宗教の教祖くらい、
他人を操れる人間はいないでしょう。
:2016/01/06(水) 20:53:39.91 ID:

そりゃ、人それぞれの道でがんばるがいいさ
ただ、人生を預けるからには手堅さなんて考えるのは逆だと思うな
手堅さがない、つまり、まだ道が開けてない。だから開拓する。
そこに人生を預けるほどの莫大な魅力があるんじゃないかな
:2016/01/06(水) 20:59:41.11 ID:

あ、手堅さに人生を預けるってことか ↑は押しつけみたいですまんな
:2016/01/06(水) 21:01:14.74 ID:

あ、バランスって書いてあるわ スレ汚しすみません
:2016/01/06(水) 23:18:39.95 ID:

人生訓とかどーでもいいから
ここ心理学って学問の板だよ
さっさと失せろ
:2016/01/07(木) 15:08:05.02 ID:

>>206 >>209
すごい必死だな 他人を支配したいんだろうな
:2016/01/06(水) 23:30:35.73 ID:

専門分化はもう時代遅れです
無意識の目的自体が自己の個性化・完成化にあるのですから
哲学は必ず結び付けなければなりません
:2016/01/07(木) 04:26:37.10 ID:

>無意識の目的自体が自己の個性化・完成化にある
同感です
ただ、これが良心に基づいたものであるかどうかが自分には不明瞭です
これは性善説にあたると言えるものでしょうか?
:2016/01/07(木) 21:14:35.73 ID:

>>208
無意識が良心に基づいたものなのか、それは私の経験から言えばYESです
私の意識が欲深になっていたり、自己中心的になっているとき、
それをたしなめる夢を何度も見ました
また、他人の夢でもそのような夢を見ました
逆に言うと、無用に他人を傷つけろとか、必要以上に金を儲けろとかいう夢を
一度たりとも見たことがありません。みなさんはありますか?
:2016/01/07(木) 07:47:48.96 ID:

おまえの勝手に作った言葉を垂れ流すのが哲学って教わったか?
:2016/01/07(木) 21:20:13.02 ID:

>>209>>210
自由な議論というものを好まないのが生の萎縮した人間の特徴ですからね
彼らは既存の権威のもとにいることを好みます。
そして、努力する人を心の底で軽蔑しているのです
:2016/01/07(木) 15:26:59.42 ID:

ユングにはもう権威主義しか残っていない?それならばそういう古い権威は不要だ。
:2016/01/08(金) 02:09:57.40 ID:

それで何の論文書けるの?
:2016/01/08(金) 02:25:20.01 ID:

既存の権威を社会悪と認定してそれに心理学で対抗しようというのは蟷螂の斧、
ナイフ一本を持って戦場に行くような行為だとおもわれる。
:2016/01/08(金) 02:54:25.10 ID:

>>209
俺はツイッタ―利用者だが、ツイートは哲学の発露だと考えている。

>>215
それは逆だな
既存の権威が異説や批判者を精神異常とみなして牢屋にぶちこむのがお決まりのパターンだろ
心理学で権力者の心理状態を分析できるなら、一番時代が求めてることだろう。

:2016/01/08(金) 03:03:10.80 ID:

ああ、いつもの被害妄想か
:2016/01/08(金) 03:10:25.67 ID:

>>217
企業が商品を売り込むのに、消費者マインドを分析しないで広告作るか?

心理学は日常生活で使われていると思うぞ
俺は心理学は履修してないけどな

:2016/01/08(金) 05:21:09.20 ID:

>既存の権威が異説や批判者を精神異常とみなして牢屋にぶちこむのがお決まりのパターンだろ

こんなこと言っちゃうしなー
牢屋ってなんだよww

:2016/01/08(金) 05:35:46.43 ID:

馬鹿の考えた新ルール:広告は心理学
:2016/01/08(金) 10:19:12.22 ID:

>>219>>220
心理学の何たるかは知らんが、流れてるモノが誰がいかなる目的でどんな方法で作り、どういうプロセスを経て我々の下に届いているか考えないとダメよ。

あんたの読んでる新聞、ネット情報、みんな同じ。

:2016/01/08(金) 13:01:21.09 ID:

なにがダメっつったら、低俗な2ちゃんなんかで好き勝手えらそうに次元の低いこと
分かったような顔して抜かしあってるお前ら全員がダメだよな。
多少なりとも向学心向上心持ってるんなら、もう2ちゃんなんか卒業しろよ。
ここは自信も希望もなくした弱者達の受け皿だろ。
こんな戯言言い合ってたって悪影響与え合うだけだな。
そうでないってんなら、謙虚さを弁えてもうちょっと建設的な話をしろよ。
:2016/01/08(金) 13:12:37.18 ID:

自分も2ちゃんねるごときに必死になってるくせに、
ブーメランなこと言って説教しているやつがいっても
説得力無いよなぁ・・・・・自分より下を見つけて、
そこでしか威張れないようなやつっているわ
:2016/01/08(金) 13:25:07.80 ID:

>>223
いるいるw
今仕事してるとこ、上に行くほどそんなのばっかり
超有名だが、内実は酷いもんだ
:2016/01/08(金) 22:06:52.84 ID:

もし222さんが弱者の立場にあるとしたらそれは非常に有利なことです
弱者は他人よりも何倍も努力しなければなりません
むしろ、それが弱者の特権なのです

老子が低いところに居よとか、富や名声をもつなと言うのは
実はそういうことなのかもしれませんね

:2016/01/10(日) 09:20:20.07 ID:

河合隼雄氏の息子さんの著作ってどんなの?
:2016/01/10(日) 11:45:43.91 ID:

意味わかんねーことほざいてないで実績を示したまえ
できるものならw
:2016/01/10(日) 23:00:57.79 ID:

無気力に陥った人々は新しい神話を欲している
:2016/01/11(月) 11:06:02.94 ID:

意識と無意識は逆の方向を向いている、というのが古い神話だとすると、
意識と無意識は常にずれてはいるが、どこか重なり合って接点があるのが好ましいというのが
新しい神話になるであろう。ユング心理学は何度でも蘇る。
:2016/01/12(火) 10:27:52.95 ID:

神話ってウソってことだろ
誰も信じてないっつの
:2016/01/12(火) 23:20:15.97 ID:

神話は物的にはウソですが心的な事実です
広い意味でいえば心に響く物語のことですね
:2016/01/13(水) 03:50:30.15 ID:

そんなのどうでもいいよ
ここ心理学板なんだけど、心理学って何なのか知ってる?
ねえ学校で何やってたの
:2016/01/13(水) 21:32:40.76 ID:

>>232
心理学って何なんでしょうか
:2016/01/13(水) 07:47:58.50 ID:

30%が無職である日本の低脳女の協調性のなさがひしひしと伝わってくるな
:2016/01/14(木) 03:06:15.63 ID:

>>233
無職が低能とは限らんぞ

協調性がないのは女とか関係ない

エリート女は上から目線でそういう他の女を見下して勝ち誇る人たちがいるのは知ってるが

:2016/01/13(水) 10:19:09.84 ID:

女に課税するというのがそもそもの間違いだと思うけどね。
:2016/01/13(水) 11:12:05.53 ID:

またいつものお前の脳内出来事だろう
:2016/01/13(水) 11:36:09.59 ID:

言葉で表現されて相手に通じている部分は
もう個人の中だけのものではないですよ。
:2016/01/13(水) 20:46:35.09 ID:

OKOK
:2016/01/14(木) 12:25:16.24 ID:

河合隼雄財団とかいっても国内はじみだな
河合さんの海外の人脈とかはどんな活動してんだろう
:2016/01/14(木) 22:21:29.86 ID:

高橋朋子~画家。
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1325367/439553/103779731

政治家をやっていると、一号の値段が分かるようになる。
俺もそうだった。

:2016/01/15(金) 09:37:50.69 ID:

                    【 五郎丸 】  自民党の核開発  【 AKB48 EXILE 】

もう茶番劇は終わりですか?「北朝鮮水爆実験」騒動。北朝鮮国家の実態は統一教会。安倍も統一教会。

下町ロケットと翌日のイプシロン打上も見え透いた核ミサイル戦略だろう
国民に民生用ロケットの好感イメージを洗脳してるが、ロケットの意味は軍事用しかない
https://twitter.com/tok aiamada/status/680111906061856769

三菱商事の核ミサイル担当重役は安倍晋三の実兄、安倍寛信 三菱重工の重役でもあるらしい
これがフクイチで核弾頭ミサイルを製造していた疑惑がある 書けばツイッターで速攻削除されている
安倍晋三の兄が関与している三菱重工 核開発疑惑についていくつかツイートしたが、
反応がないから変だと思って、自分のタイムラインを調べてみたら、完全に削除されていた。
私のツイートで、安倍政権に都合の悪い情報は速攻削除されている これは驚いた ここまでやるのか
ネットにおける言論統制は、非公然で陰湿に進んでいるようです
ツイッター社に私の個人情報を勝手に掲示しているアカウントを削除せよと20回以上求めたのに応じませんでした
https://twitter.com/toka iamada/status/664017453324726272

安倍晋三は民主党鳩山政権時代に、一度、田母神をトップに据えた軍事クーデターを企てている
習志野空挺師団が幕張を占拠、軍事クーデターによって政権奪取、安倍を首班とする計画 曝露されて田母神は失脚
「神社本庁が安倍の地元で鎮守の森〔「四代正八幡宮」〕を(中国電力・上関)原発〔用地〕に売り飛ばし!
反対する宮司を追放 その後、不審死
https://twitter.com/toka iamada/status/685925040341176320

:2016/01/19(火) 15:42:12.95 ID:

最近河合隼雄氏の本を読み始めました
読んでなるほどー、と思っても、書かれたのは70年代くらいです
日本人の自我確立の問題について、
読んだ本では示唆程度に留まっているのですが
晩年の河合氏は何らかの答えに辿り着いたのでしょうか?
:2016/01/29(金) 21:36:29.75 ID:

>>243
河合氏の功績はユング心理学の入門書を出して
日本人に広くユングを紹介したということじゃないかなと
独自の見解というのはそれほどないように思います
:2016/01/29(金) 20:39:02.95 ID:

ザキシマ真紀子って誰?

ザキシマ真紀子=嶋崎 真紀子

所属 日本放送教育協会 NHK

Webを活用した放送教育指導者養成プログラムの評価

嶋崎真紀子 (日本放送教育協会)冨永慎一 ? メディア教育論ゼミ2002年

:2016/01/31(日) 20:16:16.43 ID:

河合くんの功績は、日本人に広くインターネットを
紹介したということじゃないかと。
なので、彼独自の見解というのはそれほどないかと。
彼が言いたかったことはつまり
無職が低能とは限らんということだな。
:2016/01/31(日) 21:06:39.70 ID:

河合氏の東洋人と西洋人の自己と自我の関係の話は興味深かったですね
あれをもっと掘り下げれば面白いと思います
:2016/01/31(日) 21:13:02.42 ID:

そもそも労働とは生活の必要上やむをえず行うものであって
必要なければしなくてもいいでしょう
その時間を自分の自由意志で行う活動に向けることが出来るか否かという問題はありますが
:2016/02/13(土) 00:03:23.32 ID:

量子論のディビッド・ボーム初めて読みましたが面白いですね
:2016/02/13(土) 12:14:14.08 ID:

>>249
随分と難しい本を読んでますね
:2016/02/15(月) 22:27:21.31 ID:

>>250
難しい部分はわかりませんけど、シンプルな部分はとても面白いんですよ
例えばある電子Aと、もう一つの電子Bがあったとして
AとBは空間的にも離れていてなんの因果関係もないとします
ところがAに変化が起こるとBにも変化が起こる、そういうことがあるそうです

これはシンクロニシティの原理じゃないか、と。
けっこう昔から言われてることなんで今更かという人も多いでしょうけど

:2016/02/16(火) 00:11:41.04 ID:

>>257
なるほど。初めて知った。結構奥は深そうだな。

てか、ももクロの歌で初めて聞いた単語だしw

:2016/02/14(日) 06:13:01.65 ID:

ちょっと質問です。
心理学の世界で予知夢についての議論ってあるの?
:2016/02/14(日) 06:14:29.90 ID:

で、予知夢を見て現実を変える方法はある?
:2016/02/14(日) 06:15:39.16 ID:

霊感が強い方なので怖い。
:2016/02/14(日) 21:02:24.68 ID:

予知夢に関する議論はあるかどうかわかりませんが
予知夢の仕組みを説明するとすれば、シンクロニシティか
暗在系へのアクセスと言ったところなんでしょうかね
で、世界は非決定論(道筋が決まってない、その人の一瞬一瞬の行動次第で変わる)なので
現実は変えられると思います。
不幸な予知夢でしたらむしろ、変えてみてはどうかという意味で受け取れるのでは
ないでしょうか
あるいは、心構えをしておいたほうがよいという意味でしょうか。
予知夢を見たらどうすべきなのかという具体的な話は見たことがないですので
私の考えを書いてみました。そもそも予知夢の記述ってユングの本であったっけかというレベルの
私のレスですのでお察しください
:2016/02/15(月) 00:12:34.29 ID:

>>254
レスありがとうございます。

確かに、子供の頃に見た自分が誘拐される夢は恐ろしくリアルな夢でしたが、結局実現しませんでした。
避けようとして避けられたのだと思います。

そう考えると、避けられる運命というものもあるということかもしれませんね。
そのままにしておけば実現してしまうから、意識的に避けると。

:2016/02/15(月) 00:38:12.79 ID:

まぁ予知夢と断定するにはその出来事が起こってみないとわからないという・・・
補償の夢と区別はつき難いですので補償の夢として解釈してみて
前向きな努力をするというのが健全ということですかね
:2016/02/19(金) 14:34:13.01 ID:

こんなもん全部パラノイア精神障害に罹患した
人生孤立発達ババァのオカルトウェンディエゴじゃねーか
:2016/02/20(土) 07:51:01.15 ID:

シンクロニシティって概念は、なぜか拒絶されずに使われたりしてるけど、
その前提であるはずの集合無意識って概念は、あまり認められてない感じ。
へんなの。サルの芋洗いの話とか?w
:2016/02/20(土) 22:32:09.73 ID:

サルの芋洗いは今西錦司さんのグループの研究でしたね
あの方はユングに好意的で、他にも鳥の飛行編隊の形とかも
集合的無意識が関係しているのかと言及してました
:2016/02/21(日) 01:53:04.76 ID:

そんなの全部インチキだよ
:2016/02/21(日) 02:17:20.35 ID:

>>262 どうしました、電卓くん? 再現性がないとか
実証性がないとかお決まりのセリフですか?w
:2016/02/22(月) 21:20:27.94 ID:

河合派が主流だけど、秋山派の早乙女さんて先生が評判だな
白百合で教えてる
サンバルカンの曽我町子に似てる
:2016/02/22(月) 21:54:50.48 ID:

>>264
さっそく本を注文してみました
評判を聞ける方はすごいですね、私はここしかユングについて見聞きする場所がないですよ
:2016/02/24(水) 13:15:04.46 ID:

まあ、サルが芋を洗う話はまったくのウソだしね
再現も実証もできないんじゃないかな
:2016/02/24(水) 18:24:39.32 ID:

>>266 自分もホントだという確信は持ってないのですが、
まったくのウソだという否定要素を教えてください。
:2016/02/24(水) 20:46:31.25 ID:

大昔のトンデモ本だろ?
とっくにでっち上げだってことはバレてるし、100匹猿を引用した奴もアホだから全部デタラメ
存在しないものを存在するかのように言うのが、ウソじゃなかったら何なんだぜ
:2016/02/24(水) 20:51:05.84 ID:

それが実際に起こったことではないと書いてある文献を教えて欲しい
:2016/02/24(水) 21:01:40.62 ID:

「悪魔の証明」を求める信者の典型例だな。すごいなあ

100匹猿が存在しない確率はゼロではないと言えなくもない
もしかしたら宇宙のどこかに存在したかもしれない

でも、引用元をでっちあげて、あたかも「ある」ように言う
その行為は「嘘」以外の何物でもないし、
嘘つき野郎が死ねばいいんじゃないかな

:2016/02/24(水) 22:20:50.12 ID:

サルのイモ洗いの話しが実証性・再現性が無いとおっしゃるなら…
ではダーウィンの進化論はどうでしょう
これも実証性・再現性がないんですよ 今西錦司さんからの引用ですがね

まぁなんというか、新しい理論というのは最初はウソつきとか言われて否定されがちですよ
歴代の科学の有名人を思い起こせばわかるはずです

しかも現代はニュートン的な古典力学が通用しない量子力学という世界が
よりにもよって物理数学から出てきているわけです

ですからウソつきだのなんだのと否定から入るより
新しい可能性を探っていったほうが楽しいと思うんですよね

:2016/02/24(水) 22:35:58.64 ID:

ありもしないエピソードをでっち上げる行為は、嘘つきっていうんだよ
:2016/02/24(水) 22:36:55.50 ID:

>まぁなんというか、新しい理論というのは最初はウソつきとか言われて否定されがちですよ

ほんと詭弁家の典型例を地で行ってるなー
マジで居るんだ

:2016/02/24(水) 23:05:09.45 ID:

デタラメだって書かれてる文献を出せ
というのは悪魔の証明ではないよね
信者と思い込んでるのも恥ずかしいし
ソースを出せないなら黙ってて欲しい
誰も君の意見を聞いてないから
:2016/02/24(水) 23:07:16.79 ID:

まぁこのアグレッシブな態度を見ると相当な天才か馬鹿のどちらかでしょう
:2016/02/24(水) 23:15:54.75 ID:

論文はおろかレポートすら書いたことなさそう
自分の論の基となるものを要求されて「悪魔の証明」ってのはめちゃ面白いけど
:2016/02/24(水) 23:23:23.65 ID:

フェラ最高!!!!!!
:2016/02/24(水) 23:24:12.25 ID:

>論文はおろかレポートすら書いたことなさそう
>自分の論の基となるものを要求されて「悪魔の証明」ってのはめちゃ面白いけど

なんだ、分かってるじゃん

:2016/02/24(水) 23:34:21.43 ID:

このスレは安価を知らない引用ガイジ君の感想用紙じゃないでーす
:2016/02/24(水) 23:45:03.59 ID:

>>279
アホかお前、こういう奴にこそ優しくしてやらんとダメだろ。
ここに書き込むぐらいしか楽しみがないんやぞ、知らんけど。
:2016/02/25(木) 00:32:51.30 ID:

まぁなんかそういう人も必要ですよ
:2016/02/25(木) 00:45:13.28 ID:

進化論の話も続けたいけどわき道にそれちゃったし別の話書いちゃうね
今、ユングと親交のあったとされる(wikipedia情報)鈴木大拙の本読んでるけど面白い!
二人の理論を深く知ればもっと普遍的な理論が出来そうな予感がするくらい
:2016/02/25(木) 07:33:32.85 ID:

禅を学問分野に分類すると、心理学が一番近いかもね。
少なくとも宗教じゃないし。
:2016/02/28(日) 22:28:36.00 ID:

264の早乙女さんの本、アマゾンに一冊あったから読んだけどすごくわかりやすいね
入門書の中の入門書。難しい言葉を使ってないのがいい。
それでいてユングの魅力を紹介できてると思う。
ユングなんて知らない、夢の意味なんて知らない、そういった人には
河合さんより早乙女さんの本を紹介していいと思う
ただ女性向けの本しかないようなのでもっと本を書いてみて欲しいかな
:2016/02/29(月) 23:30:07.74 ID:

早乙女さん、また本出さないかな
秋山さと子派だったよね
:2016/02/29(月) 23:34:47.44 ID:

ぶっちゃけそれぞれの派の違いがわからん
河合派 秋山派 林派 とかあるのかね
:2016/03/01(火) 02:52:07.90 ID:

買い物行って車の止めた場所わからなくなって探しまくって見付からなくて何時間も探して見付からなくて半泣きで家帰ったら家に車あった、、

夢見て今起きたんだがこれ何なんやろ?
夢占いでこんなんある?

めちゃくちゃ胃が痛い、、

:2016/03/02(水) 22:32:07.14 ID:

>>287
まず、夢を見る前の日にどういう思いが心を占めていたか、から私は考えますね
:2016/03/01(火) 06:45:11.17 ID:

おそらく、飲みすぎw
:2016/03/01(火) 18:50:01.05 ID:

ちょっとなんか言われると正面から返さないで話ずらして煽りにかかる2ちゃんの典型によーく浸ってて草
:2016/03/03(木) 23:08:59.58 ID:

>>289 脊髄反射。何も考えなかったでしょ?
:2016/03/03(木) 17:22:03.03 ID:

心を占める、というのがどういう状態なのか定義されないことには何とも
:2016/03/05(土) 04:47:51.39 ID:

嫌われてずっと好きな女いるけど

今、俺は三上悠亜の動画見ながらオナニーしている

:2016/03/06(日) 18:13:40.69 ID:

>>293 日本語で(ry
:2016/03/05(土) 05:03:10.86 ID:

ああ気持ちいいんhkk
:2016/03/07(月) 15:35:46.45 ID:

戦った人か。
:2016/03/07(月) 19:25:06.35 ID:

ユングの言ってる事を理解しようとするなら、心理学的視点だけじゃムリ。
神秘主義、物理学、古代宗教など多岐にわたる理解が必要だと思う。
パウリーユング書簡や対談、グノーシスへのアプローチ、錬金術の解析など、
ほとんど哲学的とも言えるマルチプレイヤーだし。
:2016/03/07(月) 20:47:00.61 ID:

>>297
その通りですね。スペシャリストというより、ゼネラリストである必要があります
個人的には、ヨーロッパの古代の宗教やら錬金術やらさっぱりですね・・・
老子の話なんかはまだなじみがあって親しみやすいんですけど
:2016/03/07(月) 21:14:00.96 ID:

>>298 お恥ずかしい話ですが、卒論で「ニーチェ、バタイユ、ユングの見た世界」をテーマにしたら
却下されましたw
:2016/03/07(月) 21:36:38.67 ID:

>>299
それかなり面白そうですね。しかしよほど進取の気性に富んだ教授の下でないと
卒論としては認め難いという感じでしょうか。保守的な雰囲気があれば厳しそうです
しかし私はそのチャレンジ精神が好きです。ネットなどで公開してないんですか?
:2016/03/07(月) 22:26:01.35 ID:

>>300 これは一般に見せるものではないので・・・ご勘弁くださいw
:2016/03/07(月) 22:51:07.49 ID:

>>301
それは残念です。しかし、私、正直ジョルジュバタイユを読んだことなかったですし
ニーチェもあまり読んだことないので検索して本を購入しました。この点大変感謝します
そして、正直競争心も煽られました。ゼネラリストとしては、なるべく多くのことを知らねばなりません
自分の未熟を知りました。
:2016/05/16(月) 12:39:21.43 ID:

>>297
チベット仏教やレヴィ・ストロース、構造主義もね。
:2016/03/08(火) 04:11:16.99 ID:

ニーチェ先生とか面白いか
:2016/03/08(火) 04:18:38.66 ID:

霊界でのキリスト教と宇宙人について 以前から関係があるのでは?と
思うこともあり、それを本に纏めました。内容について簡潔に述べますと、
地上で起こされる諸々の出来事は霊の憑依が関係しているのでは?というもので、
その憑依霊となるのが自傷行為を行なった自殺者の霊であり、自殺者の霊は、
寂しい気持ちを利用されたまま、サナンダ(イエス)やオムネクオネク(マリア)がいる
キリスト教の本部、アシュタール(アストラル界)に匿われているのではないか?また、
その為、地上はいつまでも感情起伏の富んだ世界なのではないか?という懐疑論を
書いています。私と同じように思ってる方がいると嬉しいです。

殺人UFO – 浮遊する試みの地引網
http://www.amazon.co.jp/dp/4865433961/
イシュタルの金魚鉢
http://www.amazon.co.jp/dp/4865434615/

:2016/03/08(火) 07:30:20.75 ID:

内向 外向 とならったんだけど、まあ、一人の人の中にこの要素が
両方ないとも言い切れないし、というとおかしくなるが。
:2016/03/08(火) 23:50:56.39 ID:

>>305
テンションによって外向的になったり内向的になったりもしますしね
:2016/03/12(土) 16:48:39.61 ID:

ユングとか「非科学的な何か」だよ

心理学と一緒にするな

:2016/03/12(土) 23:45:35.40 ID:

>>307 科学? そもそも心理学と科学が両立するのかな?
数値化や実証再現出来ないものは科学じゃない。
でも科学は実験観測機材のイノベーションに振り回されてコロコロ変わる。
心理学なんて、せいぜい確度の低い統計が根拠のタイプ分け。
どっちもどっち。ユングは哲学。科学とか非科学とか言ってる人には分からな
くて当然。
:2016/03/12(土) 16:57:02.45 ID:

あーそいうことあるよ。

非科学が地球自身。よって心理学分野でも大丈夫。
でも理系の宇宙移民にも優しくしてね。

:2016/03/12(土) 23:54:01.64 ID:

科学で立証できないけど、確実にあるものなんてけっこうあるでしょう
「心」ってどこにあるか立証できませんよね
でも、みなさん心が人間に備わっていて当たり前と思いますよね?
心がピョンピョンするとか、心が痛いとか、言いますよね
:2016/03/13(日) 03:11:46.88 ID:

タンパク質の塊が立ったり座ったり2ちゃんねるやったりする現象があることは認めてもいいけど
心があるとか無いとかとは関係ないよ
:2016/03/31(木) 02:25:29.22 ID:

>>311 よろしければ、何に関係ないのか、教えてください。
心(という呼び方が適切かどうかは置いといて)は絶対にあるものなので。
:2016/03/13(日) 09:15:48.88 ID:

科学信者さんてやっぱりユングに嫉妬してこういうスレののぞくのねw
:2016/03/13(日) 09:42:41.59 ID:

自然科学の中にあるのがドイツの心理学。
:2016/03/13(日) 14:19:38.70 ID:

「嫉妬」って発想がどこから出てくるのかわからない
:2016/03/13(日) 15:14:46.63 ID:

無視できない強い隠れた関心がある
:2016/03/13(日) 18:10:03.08 ID:

隠れたものをどうやって検知するんですか
:2016/03/14(月) 11:05:26.36 ID:

>>316
あなたがここに来てこうして書いていることが事実です。
:2016/03/13(日) 23:43:59.74 ID:

電卓クン vs 神秘主義。面白いぞw いや、全然面白くないぞw
:2016/03/14(月) 00:18:25.63 ID:

小学生が好きな子にちょっかいかけてくるのと何がどう違うんだろう
:2016/03/15(火) 20:21:17.48 ID:

台湾は、どうも蒋介石の四姉妹がカトリック(天主教)で、中国は農村地域の女の命が二〇分の一で、
自由恋愛をもとにこれを解消しようとしている。
一応三ヵ国語に訳しておいた。

聖書(英語)
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1622255/1633324/105003166

レベッカのリベラル(英語)
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1622255/1633324/105023626

聖書(中国語)
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1680194/1690515/104999595

レベッカのリベラル(中国語)
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1680194/1690515/105019708

聖書(日本語)
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1325367/439553/104719663

レベッカのリベラル(日本語)
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1325367/439553/101747421

:2016/03/17(木) 01:48:59.94 ID:

関係ないと話でスレ停滞させるのやめてくれ
:2016/03/17(木) 01:50:33.68 ID:

「と」はミスタイプw
:2016/03/17(木) 11:10:57.16 ID:

すれ町…
:2016/03/23(水) 05:35:20.43 ID:

河合さんのイメージの心理学はおもしろいな。
:2016/03/29(火) 21:01:17.33 ID:

ユングって、死海文書集めてなかったっけ?
:2016/04/13(水) 21:57:36.50 ID:

>>325
死者の書では?
:2016/04/02(土) 01:17:29.21 ID:

そういうの論点先取つーの
何にも言ってないのと同じ
:2016/04/02(土) 20:26:52.52 ID:

というおまえのルールが他人にも通用するとは限らない
おまえが井の中の蛙なだけ
:2016/04/08(金) 01:24:56.67 ID:

河合隼雄さんの本は、初期の著作よりも、
60歳以後に書かれた後期の著作の方が
彼の考えをわかりやすく言語化できているので、
後期の著作を先に読んでおいて、彼の考えをあるていど把握してから、
そのあとに初期の著作を読む方が、理解しやすい。
:2016/04/08(金) 18:09:08.62 ID:

   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://ヽ:::::::::::::::|
l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// ヽ::::::::::::::l
l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::「’ヽ::::::::::://   ヽ:::::::::::|
|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノl:::ノ l:::::::/      ヽ::::::::|
ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ゙゙  ノ:::/ ,,;;;;;;,,    ,,,,ヽ:::::l
):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    ノ/ __,”’i: (”’__):::l
)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         ̄ ̄ン:. :「 ̄`ヾ
1:::::::::::::::::::::::「 `┤l:::::::::::::::::l          ̄   ,  ヽ ̄ l
`l:::::::::::::::::::::ヽ  :l li:::::::::::::/           /´   `l  |   <ヴッ!!!
ヽ::::::::::::::::::::::\_」 lヽ::::/            !:-●,__ ノ  /
ノ:::::::::::::::::::::::::::ノ | l `゙゙            ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,  /ヽ
,/ ヽ::::::::::::::::::::::(  l l::::::::..         /.:”/´ ̄_ソ  /  `ヽ
ヽ:::::::::::::::ヽ | l:::::::::::…      /::// ̄ ̄_ソ  /    \
ヽ:::::::\| l::::::::::::::::…    / :::.ゝ` ̄ ̄/ /       ヽ
ヽ:::l l:::::::::::::::::::..      ̄ ̄;;” /         ヽ
l l;;;;;;:::::::::::::::…..;;;;…………;;;;;;”ノ            l
l l ””””””””””””””””””” ̄l |             |

:2016/04/08(金) 20:58:09.83 ID:

河合の入門書がわかりやすかったからわかった気になって
ユングの著作みたら一瞬で挫折した
自伝も挫折した
もっと歳をとったら読めるようになる?
:2016/04/08(金) 22:10:50.18 ID:

>>331
自我と無意識は読みやすいほうかと
:2016/04/09(土) 01:01:07.59 ID:

>>331 歳をとったら読めるんなら、学習不要だなw
:2016/04/08(金) 21:09:50.48 ID:

ユング本人の著作ってそんなに難しいのか
まあ専門書だろうからな
:2016/04/08(金) 21:17:41.34 ID:

赤の書はおもしろい
:2016/04/09(土) 01:06:58.31 ID:

ん?
:2016/04/11(月) 01:11:00.63 ID:

>>336 「ん?」 なんだそれ? 言いたい事あるなら言えよチンカス
:2016/04/11(月) 01:21:26.76 ID:

ん?
:2016/04/11(月) 08:26:00.81 ID:

>>338 発言もしないようなヤツは放っとこうかw
:2016/04/11(月) 01:47:56.82 ID:

「ユングそのものを読んでもすぐにはわからないから、まずユングについて書かれたものを読みなさい」

と教わった米国留学時代の河合隼雄氏は、フリーダ・フォーダムの『ユング心理学入門』を
薦められ、読んでみたら、面白くてやめられなくなったそうだ。

:2016/04/11(月) 20:35:01.84 ID:

大衆向けに書かれた「人間と象徴」は読みやすいけどね。
:2016/04/12(火) 20:21:52.40 ID:

時間・空間・意識
:2016/04/12(火) 21:34:13.37 ID:

神がプログラムしていた人類歴史・預言・神の裁き
http://blogs.yahoo.co.jp/honest_and_hawk/55615652.html
↑ヨハネの黙示録 20世紀~現代 解説
http://synchronicity7.seesaa.net/article/433130959.html
↑神による歴史のプログラム シンクロニシティ-共時性-【概説】
http://macrospirit.seesaa.net/article/432830420.html
↑裁 マクロ精神分析
http://individualspirit.seesaa.net/
↑個体精神分析 精神の病を克服する
:2016/04/14(木) 22:36:14.86 ID:

ニーチェ読んでますけど、彼の考えの芯には生の上昇・萎縮という概念がありますね
まさに現代文明の病的な部分の核心ではないでしょうか
そしてこの生の上昇を促し、生の萎縮を補償するのが夢というのは、なんと興味深いことではないですか
:2016/04/14(木) 22:51:10.97 ID:

いえいえ別に。
:2016/04/14(木) 23:17:29.93 ID:

そうですか
:2016/04/16(土) 13:01:15.98 ID:

もう終息。おつかれ
:2016/04/16(土) 13:02:48.26 ID:

ゴメン、誤爆w
:2016/04/19(火) 05:48:21.64 ID:

何か発言しろよw
:2016/04/19(火) 06:33:46.13 ID:

女は言語障害者であることを自覚すべき
:2016/04/19(火) 16:44:12.58 ID:

いきなり爆弾投下かよw
:2016/04/22(金) 14:15:35.67 ID:

ダブルバインドは多いよね
:2016/04/24(日) 11:59:38.25 ID:

アドラーに比べて過疎ってますねえ・・・
:2016/04/24(日) 19:08:48.63 ID:

過疎ってるというより、荒れてないと言うべきでは?
:2016/04/25(月) 14:56:26.80 ID:

今、社会問題に対して著名人がいろいろコメントしてるけど、みんな外向的視点に偏ってるよね。

ユングの本書いてる福島哲夫さんが内向的人格を世の中が軽視していると憤慨しているけど、
内向的視点でモノを唱えられる人間こそが今の世に必要だという点には俺は同意
それでこそバランスがとれるというもの

:2016/04/25(月) 19:15:07.57 ID:

内向的な人にはクリエイティブな人が多いですね
人間の創造の過程を明らかにしたことはユングの功績だと思います
:2016/04/25(月) 21:27:32.65 ID:

内向期 外向期 なども人によりあると思うし。
一人にも色々な人格が合わさってるからと考えてみると。
:2016/04/25(月) 21:55:28.25 ID:

訂正できない少年期の記憶に青年期時代の葛藤が
未消化のまま情動的にのこって
あとはクスリでマヒさせてるみたいな
ヤツなんでつか!!?
:2016/04/25(月) 22:20:20.60 ID:

インポテンツか。経験ある。
:2016/04/25(月) 22:26:49.59 ID:

実は現在のアドラー人気をくやしくく思っているんですよ
長年もユング心理学に親しんできた立場としては
:2016/04/26(火) 09:01:30.32 ID:

ユングとアドラーって、比較するほど接点がないんじゃ。立ち位置も全く違うと思う。
:2016/04/26(火) 10:19:02.11 ID:

アドラーって一般人に理解されやすいんだと思う
:2016/04/26(火) 10:50:23.41 ID:

そうですね
ユング自身、私は一般の人向けに
自分の理論を説明しようとしてこなかったと言っていますからね
:2016/04/26(火) 21:53:14.51 ID:

>>364
自伝を見るとユングの孤立っぷりがわかるよね
:2016/04/29(金) 21:41:42.66 ID:

アドラーは、どちらかと言うとトランスパーソナル寄りだと思う。
誤解を恐れずに言えば、ユングは神秘主義に近い。
:2016/05/01(日) 19:09:35.86 ID:

ユングとは直感についての心理学

断じてオカルトではない
直感を理解せずして実証性のみを訴えることは心理学と向かい合うものにとっての致命的な盲点
科学とは実証以前に仮説から始まるもの

ユングを嫌悪する、すなわち直感を失っているということ自体が心の病を表している

その嫌悪感とはユングの言うところのシャドウそのもの

それが現代の社会の病、ユング嫌悪派の心の盲点
あなた自身があなたの心の傷と向かい合うことを怖れている故

:2016/05/05(木) 18:00:13.91 ID:

あなた って誰?
:2016/05/15(日) 15:54:40.55 ID:

ユングにエビデンスが無いのは事実かも知れないが、
ユングと同じ性質を持つ村上春樹の物語が世界中でメガヒットし、
ユングの愛人になったクライエントも何人もいた。
オウムのチベット仏教や密教との親和性も高い。

以上の点から、人間の精神に大きな影響を与えているのは
事実なんじゃないの。
本当に非科学的なら、ここまで人間を洗脳できないでしょ。
村上ファンもユングの愛人もオウムの信者も、
洗脳されている事は事実なんだから。

:2016/05/16(月) 00:33:27.67 ID:

>>379
そういうこと
オカルト偏見の人はせめて一般向けの入門書でいいから目を通してから
疑問点があるなら具体的に指摘すればいい
その程度でもかじってみれば何かしら得るものがあるはずだよ
子どもじゃあるまいし知りもしないのに偏見から批判してて恥ずかしくない?
>>378
アドラーだろうがユングだろうが同様
自分の糧に出来ればそれで良し
>>369
「尽く書を信ずれば則ち書なきに如かず」って言葉を知らないかい?
学問において、とりわけ心理学に関しては付和雷同することは危険だよ
:2016/05/16(月) 06:39:39.28 ID:

>>380
でも最近のアドラー人気はすごいですね
心理学=アドラーみたいな感じ(笑)
ユングってこんなにブームになったこと過去にあったんでしょうか?
:2016/05/15(日) 15:56:21.48 ID:

ユングが宗教的だと批判されるけど、
宗教は多くの信者を生んでいる。
少なくとも信者化させる効果はある。
:2016/05/15(日) 15:58:02.06 ID:

ユング的アプローチでNLP以上の効果が上がる事も多々ある。
ユングがオカルトだとしても、そのオカルトに心酔する人間は結構いる。
:2016/05/15(日) 16:02:55.85 ID:

なぜNLPを持ち出したのかw
:2016/05/15(日) 17:00:21.13 ID:

宗教だのNLPだのオカルトだのと一緒にすんな
そんなふうに見えるんならまだまだ全然わかってないな

ちゃんと学んだ人間ならいかに人間理解に有用であるか経験的に解る
かといってユング理論をすべて鵜呑みにしてユングを崇拝したりもしない

:2016/05/16(月) 11:28:56.86 ID:

>>374
宗教を軽視するのが日本人だけど、
だから心理学を理解できないんじゃないの。
認知心理学も宗教も紙一重でしょ。
:2016/05/15(日) 22:50:52.25 ID:

否定派はただの食わず嫌いだからな
ろくに知りもしないで漠然としたイメージだけで批判してる
単に自分の中の観念と食い違ってるから理解できないだけ
あ、これもユング流の分析ね
:2016/05/15(日) 22:54:00.66 ID:

つか、そもそもこのスレ「ユングを語る」以前のレベルだな
誰も語れない
ま、見てるのは2ちゃんねらーだしな
こんなもんか
:2016/05/15(日) 22:58:07.69 ID:

2ちゃんの不健全さはユングの対極にあるものだからな
同じ理由でエーリヒ・フロムも解らんだろう
:2016/05/15(日) 23:44:52.41 ID:

盛り上がってまいりましたww
アドラーに負けたくない!
:2016/05/15(日) 23:59:02.71 ID:

自分も「ユングってオカルトでしょ?」と先入観持ってましたよ
でも「空飛ぶ円盤」を読んで考えがかわりました
ユングは「我々が語りうるのは我々が円盤に抱くイメージだけで、事実として空飛ぶ円盤とはなんであるのかを語り得る素手を持たない」と言っています。
つまりオカルト信者とは自分の心的なイメージと現実とを混同してしまっている人達なんですね
オウムがいい例ですね
:2016/05/16(月) 11:35:00.69 ID:

例えば、安い報酬よりも無報酬の方が仕事を引き受ける心理がある。
安い報酬だと自分を低く評価されたと思うが、
無報酬のボランティアだと社会的意義のある活動に思うから。

人間が合理的な生き物なら、
高い報酬>安い報酬>無報酬の順番で、仕事を引き受ける割合が
高くなるはずだが、そうはならない。

これだって、宗教と似たような話じゃん。
今、認知心理学は心理学業界で圧倒的な主流派になっているけど、
人の心の反応は宗教で見られた反応と似ている例も多々ある。

こういう思考アプローチができないと、
「宗教は気持ち悪い。非科学的。認知心理学は科学」、みたいな
プラトン的思考に陥ってしまう。

ユングが宗教や神話や占いやオカルトを重視したのは、
彼が経験的懐疑主義者だったからじゃないかな。

現実を見れば、宗教と同じ事例が主流派の認知心理学でも見られ、
村上春樹の小説が世界中でメガヒットし、
オウムに心酔した信者も多くいた。

机上の空論で否定しても、現実の世界ではユングを裏書する事例が多々ある。
実践か学問か、僕は実践から学ぶ精神が大切だと考える。

:2016/05/22(日) 19:31:31.10 ID:

>>383
「報酬」は、経済的収入だけではないからで、名誉職も、軍人もみなそうだよ。
時給いくらの世界の場合には、経済的にいくらが重要だが、別にそういう場合
だけではないからだろ?

:2016/05/22(日) 19:15:29.20 ID:

河合さんのイメージの心理学はおもしろいな。
:2016/05/23(月) 01:01:26.76 ID:

この板MBTIスレ盛り上がってるけど、ユング好きの人はMBTIどう見てます?
タイプ論に基づいてますよね
:2016/05/28(土) 21:31:21.55 ID:

タイプ論とマンダラに否定的だったが
最近はマンダラはあると思うようになってきた タイプ論はまだよくわからん
:2016/05/29(日) 11:09:26.20 ID:

内向外向は一般人も知ってるほぼ日常用語になってるくらいだから
なんとなく感じはつかむやすいですよね
それにくらべて思考や感情などの4機能はなかなかイメージが掴みにくい(^_^;)
:2016/05/29(日) 11:29:31.86 ID:

ただ、内向外向については一般的に誤解して解釈されているケースが多いですよね
4機能については特に自分の劣等機能については掴みにくいでしょう

ちなみに世間の人の大半は外向思考および外向感覚タイプ、これだけで7割くらい
占めているんじゃないでしょうか

内向外向については、内向優位タイプは「性格の左利き」というくらいのマイノリティですね
内向型のほぼ大半の方は生きづらさを感じる経験をされているでしょう

ユング好きな方は内向型が多いと思われる

:2016/05/29(日) 22:01:06.01 ID:

>>390
逆に生き辛いから内向になるのではと思うんだけど、
そのへんはユングのタイプ論ではどうなっているのだろう
:2016/05/30(月) 15:37:38.97 ID:

ユングはたしか内向外向は先天的に決まると言っていると思います。
ただし完全に内向型外向型の人間など存在せず
あくまでも「内向的な傾向がある」「外向的な傾向がある」と言えるだけだと言っていますね。
:2016/05/30(月) 20:00:42.69 ID:

自分はタイプ論は類型論でなく特性論として自分の中で消化して活用してます
:2016/05/31(火) 08:38:26.37 ID:

100人の患者がいれば100の症例がある。これがユングのスタンス。
:2016/06/17(金) 23:36:55.41 ID:

離れの大きな図書館に行ったら赤の書置いてあった
難しそうだし高いしで敬遠してしまってたが、読みやすそうだった
そして自伝が大幅圧縮編集されたものだと知ってショック
:2016/06/17(金) 23:41:05.10 ID:

↑連レスですまそ
パラパラとめくって印象的だった言葉
外的な欲望から解放されたとき、人は魂の居場所をしる
:2016/06/19(日) 11:30:29.24 ID:

自伝は誤訳部分があるそうで改訳を望む声が多いそうです
:2016/06/21(火) 00:22:09.39 ID:

誤訳まじですか~
:2016/06/23(木) 00:21:31.66 ID:

MBTIスレが盛り上がってるのに本家がこの状態では寂しいと感じるのは私だけ?
:2016/06/23(木) 00:23:26.33 ID:

あんまり人がいないのでアドラースレに行ってました アドラーにも興味があったので
アドラーとユングの違いをずっと考えていたのですがいろいろ勉強になりました
:2016/06/23(木) 11:51:26.93 ID:

アドラーとの違いって何?
:2016/06/23(木) 15:56:33.82 ID:

全部違うと言っても良いレベルで違う気がするんだが
:2016/06/24(金) 11:46:33.93 ID:

>>402
んーまずは共通点を上げた方が
いいですかね?目的論の立場をとるところですかね
まあユングの場合、その目的が個性化という意識の領分をはるかに超えた目標だと思いますが
:2016/06/24(金) 12:17:56.45 ID:

>>405
Kwsk
気になるは
:2016/06/24(金) 00:41:02.85 ID:

心理学というジャンルで、どれかひとつ選ぶなら、
ユングを選ぶわ。宗教体験に興味があるし、
心理学では一番奥が深いと思うので。

人それぞれ自分らしく生きていくという、
「個性化」という方向性があるから、どんな人でも
自分なりの自由な伸びしろを持てるところもいい。

:2016/06/24(金) 11:39:06.61 ID:

そうですね
自分もアドラーよりユングですね。
ユングは神話学宗教学哲学芸術それにオカルト(笑)とはば広く関係があるのて興味がつきませんね!
キャンベル読みたいけど時間が無い(^_^;)
:2016/06/25(土) 16:46:52.97 ID:

なぜ旧約聖書があそこまで多くの人を惹きつけたのか?
という観点で心理を探求するのはなかなか合理的だとは思うね
:2016/07/14(木) 15:54:05.51 ID:

悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた

朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人虐殺
https://goo.gl/vX3ERl

:2016/07/21(木) 22:35:32.01 ID:

ゲーテのファウスト読んでるけど第二部をユングに解説してほしかったわ
:2016/07/22(金) 07:31:32.66 ID:

アクティブイマジネーションできる人いますか
:2016/07/24(日) 00:58:11.60 ID:

赤の書みたいに長くは出来ないけど、瞑想してるときはそんな感じかなぁ
なんというか難しくはないけど、ただじっとイメージに集中してるのがつらい
瞑想も日常的にやればいいんだけどさぼってる
:2016/07/24(日) 08:58:08.59 ID:

>>411
すごい!無意識の世界の人と対話ができたり?
漫画家の永井豪はアクティブイマジネーションして作品描いてるように感じる
芸術家には多そうだ
:2016/07/24(日) 22:39:12.40 ID:

たぶん瞑想すれば誰でもできるんだと思う
意識しないでいると今の自分への補償的なイメージが勝手に浮かんでくる
ユングは瞑想をあまり語っていない気がするが
無意識と瞑想の関係は面白いと思うし
そもそもアクティブイマジネーションと瞑想は被ってる部分が大きいのではなかろうか
:2016/07/31(日) 16:58:11.25 ID:

契約と宗教。
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1325367/439553/107776508

神との契約が生活を楽にする。
光熱費などの無料化計画。

:2016/08/19(金) 09:10:15.57 ID:

ユングって言ってることは引き寄せの法則を科学的に解明してるだけだよね。
結構凄いと思うんですけど、変人扱いされて可哀想です。
:2016/08/19(金) 17:37:29.20 ID:

>>415
そういう誤解するのもかわいそうになっちゃうよ
ちゃんと学べば誤解してることに気づくよ
:2016/08/20(土) 01:17:41.93 ID:

郊外は 垢の他人に異常朱着する卑しい低能残念うじゃうじゃ
あとをつける ちかよる(よけないできょりをつめる) 捜す つけてるのをばれているのにうろちょろ
じろじろ見る (堂々、盗み見) 関わる時間を増やそうとする従業員
発情して残念行為さらす基地外うじゃうじゃ

浮かれはしゃく 卑しい痴漢痴女の老若男女 小さい子から老人 ひどいきもい愚民 数百人 遠くからばれないように見る盗み見数銭人

いままでのゾンそんザイたいどはんせいしたのでやりとりたのしもうちじょ ちゅうこうねん
しじどうりのちがうていあん※しにきてかん「がんみ」ちじょ ゆとりぐらい  ※前開も指示書に書いてあるの聞きに来た 関わりたくないキショい残念しつこいうざい迷惑
カイワの中で相手の名前を言って当然の作業をがんばってつくしたのおしつけがましい マテの態度で相手のミスに キツク大きめ声 ぎぜんいんぎんいんけん
じぶんのほうへくるようにじかんはいぶんゆとり♂れじ あたしの方を選んだのねでチョづく中高年メガネふくろづめでどっこいしょよいしょのきもごえ かおをあわせないきゃくがんみ
すわるおきあがるでもなく どっこいしょよいしょきかせるきもおたざんねん 本日はともに中高年男女

いやしいきちがいストーカー
人格障害(知的障害 精神障害)は 醜い欲 を 制御できない動物未満 よつ

すとーかーはまさにめんへらきちがいごみくず

:2016/08/20(土) 01:31:38.74 ID:

郊外は 垢の他人に異常朱着する卑しい低能残念うじゃうじゃ
あとをつける ちかよる(よけないできょりをつめる) 捜す つけてるのをばれているのにうろちょろ
じろじろ見る (堂々、盗み見) 関わる時間を増やそうとする従業員
発情して残念行為さらす基地外うじゃうじゃ

浮かれはしゃく 卑しい痴漢痴女の老若男女 小さい子から老人 ひどいきもい愚民 数百人 遠くからばれないように見る盗み見数銭人

ちびうん*が歩くコンビニ  しつこく付きまとううん* 低身長メガネマスク黒上下 下貧なプリント その様子と客ガンミのコンビニ店員
小学生か異常に幼い10代か ♂♀判別難しい♂ めだたいだれからもあいてにされないちんちくりん

平屋玄関前でタバコ吸って 通行人を覗く基地外ジジイ だれもいないでにたにた おもいっきちがんみ 悪質のぞき痴漢 数十年のぞき じじい

避けられたがわかって ストーカー相手の方へ下る 真ん中よりストーカー寄りを歩く 面へらママの♂こどもづれ 崖のマンションから通行人のぞき 声で気を引き気ちがい 2件
こんざつするかいさつまえでまちぶせぶさゆとり♂群れ 他

遠足ストーカー ストーカー相手前できも声を出す基地外 オモニ公ダン くねくね住宅マッチ箱インキくさい住宅地
キモオタ♂二匹 部活帰りのきもおた腐女子 幼児自演のめんへらこどもきもごえぐずり

ストーカー相手の家前で駐車 来たよ亜ピル基地外痴漢ドライバー

さんぽはいかいちかん
いぬのさんぽでぬすみみばれてさけられてせきばらい低身長メガネ 老けたゆとりか 幼稚な大人 他 中高年 のきもおとこ

じだいおくれ のきもおたDQNの爆音でばかまるだし ばいくくるまちかんストーカー徘徊 威嚇音残念すぎ

いやしいきちがいストーカー
人格障害(知的障害 精神障害)は 醜い欲 を 制御できない動物未満 よつ

すとーかーはまさにめんへらきちがいごみくず

:2016/10/09(日) 23:34:15.39 ID:

寝ます
富士山頂で会いましょうw
:2016/10/10(月) 22:46:41.87 ID:

富士山頂で 待ってます
:2016/10/11(火) 00:59:55.67 ID:

かねものだいがくせいがはなくそでライトした文章に底辺ろーどーしゃ激震みたいな、またまた、はなしってわけk
:2016/10/11(火) 05:31:22.17 ID:

最近気付いたんだけど、今40~50歳くらいの人って
ユングだとかフロイトについてくわしい人が多いように感じる

もしかしたらその世代が若者だったころ(80年代周辺)に
そういったブームが存在したのかな?って予想してるんだけど、誰か知ってる人いませんか?

例えば、ユングの本とかテレビが流行っただとか。そういう感じのことです。
もしあれば、誰の著書が流行ったとか、当時はどんな様子だったかとか聞かせて欲しいです

:2016/10/12(水) 20:32:02.60 ID:

今40代で大学生のころ(90年代ころ)からユング関連本をよく読んでいます
日本でユングがよく知られているのは河合隼雄さんの尽力ですね
日本にユングを大々的に紹介し、普及させたのは河合隼雄さんですから
90年代以前はよくわからないのですが日本で爆発的なユングブームが起こったことはないと思いますよ
河合隼雄さんの本はよく売れていますが、最近のアドラーブームの牽引者、岸見さんの「嫌われる勇気」のような
爆発的に売れたといったような現象は覚えがありませんね
一尺玉の花火がドーンと打ち上がったというより、蚊取り線香のように静かに燃え続けている、
世代を超えて多くの人に読まれている印象ですね
:2016/10/12(水) 20:41:16.49 ID:

423です
あと80年代ころからニューエイジとかオカルティズムや精神世界関連のブーム(世紀末だから?)があったので、
その一つとしてユングが注目されたことはあると思いますね
ちなみに自分がユングをしったのはポリスのシンクロニシティⅡを聞いたからですね
自分が高校生の時、空前の洋楽ブームだったんですw
だとすると自分の記憶違いでユングに興味を持って読み始めたのは
90年代ではなく80年代後半からかもしれません
:2016/10/12(水) 21:19:33.58 ID:

80年代の田舎だと、本屋にフロイトの夢診断とか精神分析学入門?ぐらいしか無かった。
あとは河合さんの本ぐらいで。神田に行ったときにユングの原型論とか買った。
:2016/10/12(水) 21:37:24.34 ID:

最近のアドラー人気はすごいですよね
それまで一般的な精神分析の入門書ではフロイトやユングの項はあっても、
アドラーは無かった、あるいはほんの2,3行程度の説明で終わってたのに、
ここにきてこのブームで一気にユングの知名度を抜き去ったような感じがしますw
:2016/10/13(木) 02:43:32.82 ID:

何が流行ってようとユングが好き(告白)
:2016/10/13(木) 06:19:06.47 ID:

>>427
同意

アドラーも役に立つんだろうけど、
自分は心理学に宗教的要素を求めているので、
ユングの代わりにはならないわ

:2016/10/13(木) 11:37:05.79 ID:

80,90年代のオカルトブームの反動で今の若者は宗教に距離感ていうか、
はっきり言えばかなり嫌悪感を持ってると思いますね
アドラーは宗教的な要素が無いので若者に受け入れやすいのではと
:2016/10/14(金) 03:02:20.31 ID:

ユングもアドラーも結局行きつく先は一緒だからねえ
ユングの方が好みってだけだわ
:2016/10/14(金) 06:53:04.26 ID:

ブームだから飛びつくとか、
世間からどう見えるかを気にするような人間は、
そもそもユングに興味もってもしょうがない
世間からどう思われようと、自分の知的好奇心に
忠実な人が、ユングを学べばいい
:2016/10/14(金) 21:11:41.07 ID:

無意識の
底の底を覗きたい
:2016/10/15(土) 18:41:40.73 ID:

>>432
無意識の
底の底では
皆、繋がってるの?
:2016/10/15(土) 22:44:31.48 ID:

>>433
繋がっているとうか、無意識領域にはもはや個(自我)というものは存在しないので、
自分と他人の境界線が曖昧になっているってことですね
:2016/10/15(土) 22:56:44.76 ID:

宇宙の向こう側とつながってるよ
:2016/10/15(土) 22:58:14.35 ID:

集合的無意識を何かに例えるなら、何が一番しっくりくるんだろう
風やら海に例えてるのは見たことあるけど、俺は樹っていうイメージがある。だけど樹のたとえは見たことがない
:2016/10/16(日) 07:46:48.44 ID:

>>436
地面から上が 個の意識で
地面から下が 個の無意識。
その
地面から下の根が他の根と
繋がってるようなこと?
繋がってる根が、集合的無意識?
:2016/10/16(日) 11:28:51.03 ID:

>>439
436だけど
俺は葉っぱの部分が個で、枝が国家や人種など、幹が無意識領域って感じかな

根という発想はなかったけど、それも面白いね
勝手に解釈してわるいけど
人間にかぎらず、犬やイルカなど他の動物の樹もそれぞれ存在してて
生物は地面を介してつながっているのかも?ってイメージが新しく膨らんだ

:2016/10/16(日) 15:07:03.91 ID:

>>442
解りやすくて 面白いイメージですね
:2017/01/08(日) 11:16:24.86 ID:

>>439
富士山とエベレストは同じである
どちらも地球の一部で当然繋がってる他の
すべての山も海も川も繋がってる、その一部を見て
名づけてるだけで人の便利の為だけの話。
無意識が人類共通なのは当たり前といえば
当たり前、生物として誕生以来の経験なんて
すべての生物が経験してることだろ。
それが遺伝子に記憶されてなんとか生きる為に
環境に応じて少しずつ遺伝子内容を変えて
生き延びた。人の遺伝子には植物の遺伝子も
あるし当然蛇と共通の遺伝子もある、さるとか
殆ど同じだしほんの少しの違いが今の違いを
産み出してる。
人は空気を吸い空気を吐き出し、水を飲み水を
排出し植物を食べてそれらを排出して生きてる。
植物も空気を吸い水を吸い光を吸収して酸素を
だして成長しすべての動物に食べ物を供給してる。
:2016/10/16(日) 01:48:13.31 ID:

樹なら根のイメージ
:2016/10/16(日) 03:15:50.05 ID:

在って働いているのは利用されているのでたしかだけど見えないし
コントロールもできない
:2016/10/16(日) 09:02:54.85 ID:

人と人は話せば心が通じる部分がある。
人類全体でのその部分もあるだろうし
宇宙全体でのその部分もあるし
それ以上の普遍的な何かもあるだろう。
それを神といったり仏と言ったり体がと言ったり
ワンネスと言ったりいろいろ形容するんだろうが
集合的無意識というのもそういう表現の一つだと
思っていいのではないか。表現への合意が定まれば
共同体運動ができて正当異端で枝分かれしたり
再統合したりはするが共同体の指標として
共同体が滅びるまで意味は継続する。
そういう意味では、理解すればそれを何といってもいいが
共同体運動として社会への奉仕と還元に生かすのであれば
特定の言葉を使い語り続ける必要はある。
:2016/10/16(日) 09:19:24.46 ID:

戦前は、恐れ多くも、天皇陛下におかせられましては・・・の一言で
皆が直立不動したらしいが、集合的無意識というのも同じ類だ。
:2016/10/16(日) 20:29:09.64 ID:

ユングは生物だけでなく無生物とも繋がってるって言ってますね
:2016/10/16(日) 22:07:29.24 ID:

全ては、母なる地球から 産まれたということで いいですかね
ひいては 地球も宇宙の一部なら
宇宙とも繋がってる…?
:2016/10/16(日) 22:26:01.76 ID:

究極的にはあらゆる存在物(生物、無生物限らずこの世に存在するすべてのもの)は「存在」でつながってるってことですかね
もはや心理学ではなく哲学の範疇ですが・・(;´Д`)
:2016/10/17(月) 04:27:06.00 ID:

「存在」か。自他の意識の間には境界があってそれでお互いが
属性を持った対象だと認識しているが、実はその「属性」は
互いの「つながり」の性質であって個々人には帰属しないものだろう。
この世にあるのは「属性」=「つながり」=「縁」だけであって
意識というのは本来集合的である因果では突き止められない不可言及の対象に
仮に名前を付けているものだろう。なので確かなものは、何もない。
:2016/10/17(月) 06:18:42.49 ID:

強い電波が出てしまった。ちょっとひかえよう。
:2016/10/17(月) 07:11:55.80 ID:

動物飼ってると、
人間にかぎらず生物全体で共有してる範囲が確かにあるなあって感じる
:2016/10/17(月) 18:27:03.66 ID:

具体的な例があれば
聞きたいです
:2016/10/17(月) 18:45:36.20 ID:

基本的に動物も人間も脳の構造は同じなので(人間のみ大脳皮質が以上に発達していますが)、
本能的な行動や仕草などは共通する部分も多いと思います
:2016/10/17(月) 18:50:55.82 ID:


夢から覚めた表情が妙に人間ぽいです(笑)
:2016/10/17(月) 21:57:09.67 ID:

なるほどw
ありがとうございます
:2016/10/17(月) 22:44:48.40 ID:

うちの犬は、夕方になるといつもベランダから外を見て黄昏れてる

アマゾンのサルとかも夕日を眺める個体がいるって、どっかで聞いた覚えがあるから
たそがれるのも生物共通かもしれんな

:2016/10/17(月) 23:40:55.96 ID:

犬にしても猿にしても、人間にしても
魂は どこから来て、どこへ帰るのでしょうか?
:2016/10/18(火) 21:15:54.46 ID:

455です
つまらないこと聞いて
すみません
:2016/10/18(火) 22:09:33.22 ID:

つまらないことはありません
私達がどこから来てどこへ行くのか?という問いは、
古くはユングが影響を受けたグノーシス主義がそうであり、エヴァなんかそうですね
結局、人類は何を目指しているのか?どこに帰るのか?
古代から現代まで続く人類の永遠の問いなのです
:2016/10/19(水) 21:21:24.08 ID:

魂って不思議ですね
:2016/10/19(水) 22:49:10.77 ID:

魂と心は同じものなんでしょうかね?
「魂」が「肉体」に入っている状態の時に、「心」と呼ぶってこと?
逆に「心」が肉体から離れた時、「魂」と呼ぶのでしょうか?
:2016/10/21(金) 21:41:47.60 ID:

>>459
それしっくりくるんじゃないか

では精紳とは何かという疑問もあるが。
精紳は心+頭脳だろうか?

:2016/10/20(木) 07:56:25.66 ID:

「魂」や「肉体」や「心」という言葉の意味が自分にとって
よくつかめないと思うのであれば、そういう言葉を使わずに
思考していったほうがかえってその意味が浮き彫りになっていくと思うよ。
:2016/10/20(木) 17:22:42.25 ID:


ブサイク文系の低偏差値が書き込んでるだけ

星占い板でやってろ低能

:2016/10/20(木) 21:38:36.08 ID:

万物(魂)が宇宙の一部なら
星々も自分の 一部…?

わけがわからなくなってきましたw

:2016/10/21(金) 00:45:14.42 ID:

>>462
「自分」という単語抜きでまとめ直してみては?
:2016/10/21(金) 21:42:40.69 ID:

精神ね。ダメ変換だなぁ・・・
:2016/10/23(日) 19:12:41.62 ID:

ユング心理学のように
目に見えない 数値化しづらいものを
学問にするの むずかしいですね
:2016/10/24(月) 21:11:20.02 ID:

>>466
科学は数字とか証拠で決まるからね
そこは科学の限界である、と科学を突き放したい
:2016/10/24(月) 17:52:36.53 ID:

心は言葉+対話+感情ですかね。
:2016/10/25(火) 10:29:07.24 ID:

証拠を出せ
:2016/10/25(火) 14:39:39.95 ID:

精神分析が科学であることを証明するのに苦心したのがフロイトですが、
ユングもまた連想実験で統計学の手法を使って、コンプレックスの客観的存在を証明しようと苦心したんですよね
フロイトがユングをとても気に入っていたのは有名な話ですが、
フロイトはこの若い才能ある精神科医が、精神分析が科学であることを証明してくれると期待していたのかもしれません
:2016/10/25(火) 21:51:56.29 ID:

専門知識は無いですが、
ユング心理学を理解し、自分なりに証明したいです
:2016/10/25(火) 23:20:48.45 ID:

>>471
なぜユングに興味をお持ちなのでしょうか?
将来に不安?人間関係に悩みがある?
最近はユングよりアドラーが大人気ですが、アドラーではだめですか?
アドラーでなくユングをと言うのならその理由があると思いますが、その理由を教えてくれませんか?興味があるので。
:2016/10/25(火) 22:38:50.33 ID:

:2016/10/25(火) 23:49:27.62 ID:

アドラーは悩みの解消とか自己啓発的、実用的だから
ウケているんだろうけど、ユングは魂の探求とか、アート的だよね
宗教や文学をたしなむのと同じように、趣味として興味深いんだろう
理由や理屈じゃないと思うよ 感性だから
:2016/10/26(水) 00:12:38.78 ID:

>>474
アドラーは実践的ですね
自分一時期アドラーに興味を持ったのですがまたユングに帰って来ました
自分には「どう生きるか?」より「この世界は何なのか?」という問いの方に、興味を持ったからです。それに世界が何であるかわかれば、自然とどう生きていけば良いかということも分かるのではないか?という思いもあります。
:2016/10/27(木) 00:25:31.20 ID:

>>474-475
すごく共感できる
:2016/10/26(水) 07:47:49.51 ID:

放送大学にユング心理学の科目がありそこで存在を知った こんな世界が学問として成立していることにびっくりしたしおもしろさに感激して夢中になった
:2016/10/26(水) 22:22:43.19 ID:

471です
正直、アドラーについては無知です
ユング心理学は 「布置」という言葉を知って興味持ちました。
コンストレーションでしたっけ?
星ぼしの位置が決まってるように
人々の人生も宿命付けられてる…なんて
面白いです。
また 道教にも興味あります。
独学なので、勘違いしてることもあると思います。
これからもご教授お願いします。(あ)
:2016/10/27(木) 04:15:18.18 ID:

人生で参考になるのは、人から直接体験談を聞くこと、
なるべく客観的な知識を知る事のほかに、内容に興味を持てる
作り話に触れる事だと思う。ユングには最後の部分を受け入れる
思索の幅があるように思われる。
:2016/10/28(金) 02:17:17.30 ID:

ユングは老子を好んだようだけど、夢の性質もときどき老荘的に感じる
例えば過度の欲望をもっていると補償夢をよく見る
:2016/10/30(日) 13:08:00.05 ID:

ユングは心理学者の立場から、学問としての体系を維持しつつ科学を視点に踏みとどまって、いわゆるオカルティズムと言われる現象にギリギリにまで迫っていく
そこにユング心理学の面白さがあると思います
:2016/10/30(日) 22:50:50.27 ID:

学校や職場で
身近にユング心理学を語り合える人
いますか?(あ)
:2016/10/31(月) 00:48:06.66 ID:

>>482
いないw
:2016/10/31(月) 06:46:13.38 ID:

心理学好きはいるがユングを深く語れる人はいないですねえ(;´Д`)
:2016/11/01(火) 22:53:21.26 ID:

日常生活だと 難しいですよね(あ)
:2016/11/02(水) 00:20:11.66 ID:

いないならつくりましょう!(笑)
外向内向やコンプレックスは日常語になっているのでそのへんから話せは興味をもってもらえるかも?
:2016/11/02(水) 04:52:18.99 ID:

精神分析なんか心理学じゃないってさ
単なるアレ
:2016/11/02(水) 05:15:04.95 ID:

人文科学としての価値まで全否定するのもアレ
:2016/11/02(水) 18:44:58.07 ID:

心理学どころか小説すら読まない人しか周囲にいないかなしみ
:2016/11/02(水) 21:03:56.40 ID:

小説って、大衆小説?
そんなもの読んでも読まなくてもどうでもいい
:2016/11/02(水) 21:35:02.31 ID:

周りの趣味がパチンコか酒という悲しみ
:2016/11/02(水) 22:14:36.55 ID:

でもそういう環境が好きやから抜け出そうとしないんでしょ?
:2016/11/02(水) 22:53:45.07 ID:

ジョイスの「ダブリン市民」の麻痺(paralysis)の世界やね。
:2016/11/03(木) 11:53:34.97 ID:

「望む望まないにかかわらず、神はやって来る」
これはユングのモットーです
あなたが気づかないうちに無意識があなたの環境を変える準備をしているかも知れません
無意識は突然意識に侵入してきます
望む望まないにかかわらず、まもなくあなたは次の人生の1歩を踏み出すでしょう
:2016/11/03(木) 13:55:23.61 ID:

自己予言成就だね。
:2016/11/03(木) 16:27:48.52 ID:

「私は神を信じているというより、知っている」
ネットのユング名言集に載ってた出典不明の言葉だが
これは無意識を研究するほど実感が深まったな
:2016/11/03(木) 20:47:25.20 ID:

>>496
たしかBBCのテレビ番組のインタビューですね
:2016/11/03(木) 23:20:35.35 ID:

>>498
おお、ありがとう
確かニコニコ動画かyoutubeにbbcのインタビューがアップされてたが日本語字幕がなくて何言ってるかわからなかった
:2016/11/03(木) 20:15:10.70 ID:

小説といえば村上春樹のユング好きはいつごろからなのでしようか?河合隼雄さんの影響?対話本読んだけと面白かった
小説のほうはそれ程でもないけど(笑)
:2016/11/04(金) 22:22:36.76 ID:

村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド」が
特にユング心理学の影響受けてるような…(あ)
:2016/11/04(金) 23:01:56.55 ID:

自分は遠藤周作が好きで遠藤は対談や評論にしばしばユングについて言及してるので遠藤周作がユングに影響を受けているのは知っていましたが、
村上春樹がユングに影響を受けて作品を書いているのは、実は最近知ったんですよ
村上春樹はあまりにも周りがバカみたに騒ぐんで(ハルキストとか)敬遠してたんですが、こんど読んでみたいと思います
:2016/11/05(土) 23:47:41.86 ID:

遠藤周作 僕も好きです。古いですが、高校の時に「沈黙」を読んで
神とは何ぞや、自己とは何ぞやと考えるように なったのだと思います。(あ)
:2016/11/05(土) 23:56:29.90 ID:

ユングに理解のある著者の本をあたるのもおもしろいな
遠藤周作はユングのことどういってるのかな?
村上春樹の作品のどんなところがユングの影響受けてるの?
:2016/11/06(日) 11:51:04.76 ID:

禅の鈴木大拙がユングに会ったとwikipediaに書いてあったが、ユングにしろ大拙にしろ相手のこと本で何か言ってただろうか?
無意識と禅は非常に面白そうだけれども。
:2016/11/06(日) 19:58:04.49 ID:

ユングはたしか鈴木大拙の本がヨーロッパで出版された時、序文を書いてたような
:2016/11/06(日) 23:52:44.78 ID:

>>505
ありがとう!
検索したら、ユングの禅観という長文が転載されてるブログを見つけました
:2016/11/07(月) 06:29:07.29 ID:

遠藤周作も村上春樹も河合隼雄との対談集があるね
むかし読んだけども内容わすれてしまったのでまた読んでみよう
:2016/11/07(月) 23:45:01.88 ID:

ユングの禅観読んでるがよくわからん…
:2016/11/08(火) 07:44:51.54 ID:

>>508
同じく、、、 西洋思想やキリスト教やらの知識がないと理解しづらいな
:2016/11/09(水) 01:10:53.02 ID:

>>509
俺もそれで躓いた
あと正直ユングがキリスト教に言及し始めるときついw
:2016/11/08(火) 08:00:57.03 ID:

大雑把にいうと、西洋にも西洋の神秘主義思想というのに共感する人がいて
そういう人は禅にも理解を示すだろう、というようは前書きだな。
エックハルトというのは西洋キリスト教の代表的な神秘主義者の名前だし。

井筒俊彦という人の「意識と本質」という本がよい手引きになると思う。
文庫本なので安いし東西のそれっぽい思想がすっきり整理されて
書かれている本なので、まずはこれ一冊で補完すればいいと思う。

:2016/11/08(火) 08:51:03.93 ID:

>>510-511
まあ、心理学という科学風味の名前や枠にこだわって、
ユングだけを読むより、伝統的な歴史のある人文系や宗教学系
の本も読んで、教養つけたほうが健全だと思う。
ユングだって、自己の経験や臨床経験だけでなく、そういう
ものも参照してたわけだし。
現代人は心理学という体裁でないと信用しないみたいなところ
あるけど、もっと奥が深いものだからね。

心理主義っていわれるけど、どうも宗教的なものを心理学や
科学に収めようとすると、常人が理性的に理解しやすくなる
利点もあるが、限界もあるし、どこか矮小化されるところがある。

科学は科学で、病気の治療など、ある限界のなかでやる
かぎりでは意義はあるけど、
宗教や思想へのアレルギーなくして、そっちの教養を深めた
ほうがいい。

:2016/11/08(火) 18:53:32.27 ID:

>>510
ポチってきた

河合先生ですら
「ユングの本を直接読んでも最初はまず分からない、
ユングについて書かれてた本を読め」と言われたくらいだから
難解なのがデフォだわな
文化や宗教観の差で更にハードル高いけど
それでも魅力を感じるんだよねえ

:2016/11/09(水) 09:21:17.42 ID:

>>513
河合先生の本は何冊か読んだけど、「カウンセリングマインド」という言葉が
印象的だったなぁ。ある子供が河合先生にカウンセリングを受けて、
「先生はどんな話題に話が飛んでもついてきてくれる」と言ったとの話があった。
わからない話題があるとちゃんと調べるんんだそうだ。こういう物なのかなとは思ったな。
:2016/11/08(火) 08:07:58.88 ID:

と思って念のため調べたら結構おさいふにやさしくない値段に・・・

ちょっと前の人の本なので意味のわからない所は飛ばして
具体的な部分だけ見ればこれはこれでいい本だと思う。

井筒俊彦はユングにゆかりのあるエラノス会議というのにも
呼ばれたという人だからユング好きが読んだら面白いと思うよ。

:2016/11/08(火) 22:17:35.17 ID:

これからユングを学びたい人に勧めるなら、やはり河合隼雄先生の「ユング心理学入門」ですかね
もしくは日常語にもなっていて、興味を持ちやすい「コンプレックス」(岩波新書)あたりかな
:2016/11/09(水) 20:23:13.12 ID:

ユングは「西洋の無意識が東洋だ」と言っているので、私達からすると西洋は無意識なわけで理解が難しいのもうなずけますね
:2016/11/09(水) 21:27:12.34 ID:

日本人は仏教があるから「無意識」に馴染みがある
逆に日本人には「意識」の方に馴染みがない
ユングの言う「意識」はとても強いもので、西洋にとっては普通だが日本人には理解しがたいものらしい
ユングの著書はその意識をベースして書いているものだからそりゃ難しいよね
:2017/01/08(日) 10:48:25.95 ID:

>>517
>>518
意識って知によって宇宙すべてを理解しようとする意志のことだろ。
しかしこの知によってすべてを理解支配しようとする事は破綻する
何故なら知の領域が広がれば更に広がった先端の無知の部分が
どんどん増えていくのは当然で知れば知るほど知らないわからないことが
増えていく、現在の学問がどんどん細分化されてるのはそういうわけ。
エイヤット!知の領域を超えてしまった釈尊とか仏教者はすごいと思う。
言語を超えて直接自然を見る体験をすれば学問ってあほらしくなるぞ。
:2016/11/09(水) 21:57:32.16 ID:

よーわからんが日本人の精神体質が西洋とも、あるいは東洋に比べても特異なものがあるようだな
それが無意識を理解するのに有利ならユングをやってる日本人は得したな
ユングの後継的な本はまだ出てないし、面白いじゃないか
:2016/11/09(水) 22:12:51.78 ID:

一なる神の西洋に対して日本は八百万(無限)の神々ですからね
全くの真逆だもの(笑)
:2017/01/08(日) 10:43:01.03 ID:

>>520
日本も空を悟れば西洋と変わらんぞ。

一神教の一は血統と関係してる自己が生まれる以前に自己は
何処にいたのか?更にその親はどこにいたのか、その親はとどんどん
時間軸を遡ると行き着く先はどこか?そこが頂点でそこに一成る
GODを見るが。空はそこは文字通りからで空は欠如ということだから
欠如からいろいろと発生して現在の様相になってきたと見るので
一神教の理屈もわかるよ。

:2017/01/08(日) 10:53:56.66 ID:

>>587
意識と無意識は相対的ですから私達東洋人にとっては一神教が無意識だということですね
私たち東洋人が多神教的な意識の態度から無意識の底へ向かって降りていくと一神教的なモノにたどり着くのでしょう
それを私たち祖先は空と名付けたのかもしれません
:2017/01/08(日) 12:21:50.60 ID:

>>590
もっと物理的なものだよ。意識とかもっと後だよ。

物理的に考える必要がある。

自分が胎内の卵細胞であった時代から今日までが自我意識を
作るがそれ以前の親が卵細胞の時代更に祖父母が卵細胞の
時代と物質的に遡るんだよ。

結論を言えばそんな遥か以前の事は今に影響してるが
何がどうなっていたかはわかりようがないの。

人類共通の無意識はあるのは確か、仏教では阿頼耶識と
呼んでるがこれにアクセスして意識化できればすごい力が
沸いてくるんだが。

:2016/11/09(水) 23:25:22.77 ID:

日本と中国の差を考えることに意味はありそう
:2016/11/10(木) 01:41:36.54 ID:

ユングに聞かせてみたかった
:2016/11/10(木) 10:38:23.96 ID:

ユング「私は生涯を費やして長年の思索と研究の結果、ついに無意識の深淵を発見した!」
日本人「うん、千年前から知ってたよ。」
:2017/01/08(日) 10:34:41.23 ID:

>>523
インド人

?わしら2000年前からもっと深く研究してたよ~~命がけでW

:2016/11/10(木) 10:58:20.51 ID:

一神教の世界観が日常である欧米人にとって八百万の神信仰(すべてのものに神は宿る)の世界観を持つ日本は彼らにとっての無意識なのでしょうね
彼ら欧米人が日本の文化に興味を持つのは結局自分自身の無意識への探求なのだと思います
:2016/11/10(木) 13:55:35.23 ID:

しかし宗教的に見て今の日本ほどつまらんところはないと思うな
みんな金、経済尽くめでね
八百万の神ってのは感覚的にはわかるけど、大事にはしてないな
:2016/11/10(木) 18:17:18.74 ID:

ユング心理学って趣味として勉強するには面白いと思うけど、実際の治療にはどの程度有効なんだろう?
物は豊かだけど心は貧しいみたいなパターンなら効果はあるだろうけど、
精神疾患と貧困が結びついてるタイプにも効き目はあるのかな
:2016/11/10(木) 19:02:33.71 ID:

ユングは心を語ったり理解するにはいいけど、
臨床ではほんの一部しか使えないんじゃないかな。
他の精神分析や行動療法などと、結局やってることは
変わらない、みたいな、表層的な扱いになると思う。
いまは薬物治療でやれることが増えているし、
即効性が求められる傾向がある。

いままでスイスのユング研究所に留学しないと取れなかった
ユング分析家の資格を、日本でも取れるように整備している
みたいだから、ユング臨床家になるハードルは下がってくる
んだろうけど。

:2016/11/10(木) 21:07:56.62 ID:

>>527
ユングに限らずフロイトでもアドラーでもすべての患者に効く、効果があるということはないと思いますよ
セラピストとクライアントの相性の問題もありますからね
河合隼雄さんもたしか、「この人は私には合わない、直せないなあ」と感じたときは断ることもあるって言ってたと思います
:2016/11/10(木) 20:06:05.96 ID:

夢の解釈ができるようになると、価値観変わるよ
科学規範も自分の中では変わったな
:2016/11/10(木) 22:55:54.38 ID:

例えば神経症の薬物治療なんか誰が考えてもおかしいと思うんだよな
ある意識状態(と無意識のズレ)からホルモンが出るんであって、
ホルモンが出るから調子が悪くなる、だから薬物でホルモンを調節しましょう、
これは根本的におかしい。しかしこれが主流なのは事実だ
だから同時にユングがパラダイムの転換を起こすだろうという面白さもあるんだが。
:2016/11/11(金) 13:45:23.01 ID:

臨床心理の交差点2だったかな?兄弟のユング派の先生が認知行動療法派や精神力動はブリーフケースセラピー派と対談してる。ユング派の異常成長をがわかる

ここに来るくらいの人なら意味がわからないことはないと思う
正直めっちゃ面白かった。

:2016/11/11(金) 13:45:45.58 ID:

成長じゃなくて性
:2016/11/21(月) 23:33:00.28 ID:

私は元創価の会員でした。
すぐ隣に防衛省の背広組みの官舎があるのですが、
自分の家の窓にUSB接続のwebカメラを貼り付けて、そこの動画を撮影し続け、
学会本部に送っていました。

別に大したものは写っていません。ゴミ出しとか奥さんが子供を遊ばせている所とか。
官舎が老朽化して使われなくなってから、
今まで法人税(うちは自営業です)をほぼ払わなくても済んでいたのに、
もう守ってやれないのでこれからは満額申告するように言われました。
納得がいかないと言うと、君は自業自得で餓鬼地獄へ落ちるから、
朝夕南無妙法蓮華経と三千回ずつ唱えて心をきれいにしなさいと言われ
馬鹿らしくなり脱会しました。

それ以来、どこへ行くにもぞろ目ナンバーの車につけまわされたり大変な日々です。
全部自分の出来心から起きたことで、どこに訴えて出るわけにもいかないのですが、
なんとかしてあの人たちと縁を切って新しい始まりを迎える方法はないんだろうか。

:2017/01/08(日) 10:29:37.49 ID:

>>533
きちんと正しく申告すればokだ。

ちみがいけないんだよ。自分のやっていることのよしあしが
分かっていない。よしあしの判断を他人に預けてしまった
事が最大の問題。何がよしあしかわからないなら法律どうりにする、。

:2016/11/22(火) 01:23:06.99 ID:

東洋と西洋の違いの話だけどヨーロッパの中でもフランスって直観的だな
無意識を大事にしてる
:2016/11/22(火) 03:35:31.35 ID:

日本は東洋の中では意識を大切にしてるといえるのかも。
日本には天皇という虚中心があり権力の実中心との二重性があるという
説明もあるし、そこが日本人の分別心・理性・意識に影響している気がする。
:2016/11/23(水) 12:02:25.46 ID:

>>535
権力の中心すらあるのか疑わしいですね
河合隼雄さんがその事について言及してたとおもう
場の倫理だったかな?うろ覚えですが
:2016/11/24(木) 02:42:20.82 ID:

>>538
欧米人からすると、日本では知識人が明確な社会階層をなしておらず
点在して社会に組み込まれているのが不思議に感じられるのだそうですね。
:2016/11/24(木) 07:17:38.80 ID:

>>540
日本では権力の所在ってどこか分かりにくいですよね
:2017/01/08(日) 10:25:08.80 ID:

>>538
山本七平の空気の研究とか私の中の日本軍とか一連の著作を
読むと日本が分かってくるぞ。

あとものぐさ精神分析の岸田も鋭く日本を分析してる。いろいろ為になった。

:2016/11/22(火) 11:00:14.08 ID:

自他の区別が明確であればこそ自意識が育つという前提で。(補足)
:2016/11/22(火) 21:25:10.11 ID:

机の上の空 大沼安史の個人新聞
電磁波拷問・スローキル(Slow Kill)攻撃を許さない!
NSA(米国家安全保障局)の女性内部告発者が不当解雇後、集ストに遭い、それにも負けずに戦い始めたところ、こんどは「電磁波照射」による「拷問・スローキル」被害に遭う!
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/09/slow-kill-1dc2.html

電磁波拷問・スローキル(Slow Kill)攻撃を許さない!
2015年11月になってようやく、電磁波(指向性エネルギー)照射という「人道に対する恐るべき犯罪」に、自らの体験を通して気づく!
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/09/slow-kill-603f.html

DEW(指向性エネルギー照射装置)による電磁波照射攻撃(スロー・キル)を許してはならない!
DEWによる報復照射を受けているNSA(米国家安全保障局)の元言語スペシャリスト、カレン・スチュアートさんがツイッターで被害報告!
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/09/post-fe1a.html

DEW(指向性エネルギー照射装置)による電磁波照射攻撃(スロー・キル)を許してはならない!
DEWによる報復照射を受けているNSA(米国家安全保障局)の元言語スペシャリスト、カレン・スチュアートさんがツイッターで同時進行被害報告!
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/10/wdew-2d3c.html

集団ストーカーによるDEW照射攻撃に、日本ではなぜ宗教カルト系組織が使われているのか?
NSAによるDEW(指向性エネルギー兵器)攻撃に曝されれている内部告発者、カレン・スチュアートさんによると、彼女の地元の「インフラガード(InfraGard)」(米連邦政府自警団)が集スト照射の実戦部隊として使われているという
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/10/infragard-10a2.html

電磁波照射・拷問攻撃を許さない!
米海軍士官学校(アナポリス)の卒業生(制御システム工学で学位取得)、デイヴィッド・ヴォートさんが、「DEW(指向性エネルギー兵器)」による電磁波拷問の脅威・現実を訴え、米国を横断ウオーク!
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/11/post-cc21.html

電磁波照射兵器の実験・演習・使用を、許してはならない
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/11/post-e223.html

:2016/11/24(木) 01:03:23.29 ID:

「中空構造日本の深層」かな
:2016/11/24(木) 11:06:58.82 ID:

豊洲問題とかそうですね
結局だれがいつどういう経緯で決めたのか謎のまま
:2016/11/25(金) 17:22:53.89 ID:

ユングのオススメ本を教えてください
本人でも関連本でもおkです
:2016/11/26(土) 01:14:27.13 ID:

自我と無意識、分析心理学
どっちもユングの中では読みやすい
河合隼雄のユング心理学入門
味が薄まってる感じがあるがかなり読みやすい
:2016/11/26(土) 22:08:34.03 ID:

>>544
自我と無意識いま読んでますよ
難しいですがペルソナは比較的理解しやすいのでペルソナを切り口にすると理解し安いですね
:2016/11/26(土) 09:06:31.88 ID:

日本は~とか言っちゃうニセ外人の言うことは全部デタラメ
:2016/11/26(土) 14:00:45.45 ID:

赤の書
:2016/11/27(日) 01:04:15.12 ID:

ペルソナって実感出来るもんな
:2016/11/27(日) 03:51:53.61 ID:

アニマの役割が今ひとつ分からなかったのですが、はペルソナに対する無意識からの補償なのだと考えると理解しやすかったです
:2016/11/27(日) 17:20:43.45 ID:

その理解の仕方は直観的に同意できる
しかしユングがアニマの誘惑などと言って悪い面を言ったりする部分はいまいち理解出来なかったな
個人的にはアニマとの統一は苦しいけれども本質的に楽しいと感じることばかりだ
:2016/11/27(日) 20:47:34.80 ID:

>>550
時代によると思いますよ
フロイトの性愛理論が、当時なかなか受け入れられなかった時代ですからね
ユングやフロイトの生きた当時のヨーロッパは、性的なものがタブー視(抑圧)されていた時代ですから、意識にとって性的なものはなかなか受け入れがたいものだったのでしょう
:2016/11/27(日) 21:05:25.84 ID:

マレーネ・デートリヒの「嘆きの天使」という、すっごく古い映画があるのですが、ペルソナとアニマと、その間で揺れ動く自我の三者の関係をみごとに描いた佳作です
どうしても本だとアニマを理論的に、知的に理解しようとしがちですが、そもそもアニマの本質は感情や情緒(ムード)にあるので、
それらを知るのには、知性に訴える本よりも感情に訴える映画のほうがよいと思います
:2016/11/29(火) 09:54:24.26 ID:

この板ではMBTIが流行っているようだけど
このスレの人たちとしてはMBTI,どう見てます?
:2016/11/29(火) 12:48:32.36 ID:

あんまりよく知らんけど表層だけで議論してる感じ
人間の「こころ」は補償(ホメオスタシス)の性質があるので意識の態度は必ず無意識に補償される
無意識の態度を、無意識が意識にどう関わってくるのかをわかってないと本来のユングのタイプ論の趣旨を外れてしまうような気がする
もちろんスレのことで、MBTIの本質は深いのだろうけど
:2016/11/29(火) 13:39:50.89 ID:

MBTIのタイプとして特定されているのはその人の最も優位な
パーソナリティであって、実際には様々な文脈や状況で、
より多くのタイプをペルソナとして使い分けているのだと思いますね。
:2016/11/29(火) 16:05:24.20 ID:

自己啓発ビジネスなのでは
商標登録されているし学問の範疇ではない
それにタイプ論では個性化が最重要概念であると思うが、その点にあまり触れられていないのでは
さらに判断型 (J) 、知覚型 (P)については各機能とは別次元の特性だと思う
:2016/11/29(火) 19:55:00.06 ID:

病名にすりよって誘導したいように文章かいてくるって
洗脳じゃん!!
:2016/11/30(水) 05:45:11.67 ID:

ペルソナの分類の枠組みとしては、科学的ですね。
:2016/11/30(水) 06:26:26.75 ID:

逆に言うと、科学なので、総合知としては断片的に解釈されがちで、
個人の心を扱う体系としては、危ういという風にも言えるかと。
:2016/12/01(木) 18:25:04.86 ID:

>>559
同意する
科学的に捉えたペルソナは死物だろうな
:2016/11/30(水) 07:15:10.41 ID:

MBTIは雇用側にとって有意義なんであって
自分で自分を知りたい人向けじゃないねえ
:2016/11/30(水) 17:22:53.07 ID:

あれでユングの性格分析が台無しになった感がある
:2016/11/30(水) 19:27:17.82 ID:

今度タイプ論読んでみようかな
:2016/12/05(月) 11:08:30.46 ID:

自我と無意識を読んでいるのですが、「自我もコンプレックスの一つであり、他のコンプレックスも、自我同様に意識を持っている」とういう記述に出くわして、とても信じるられなかったんですが、
最近脳科学ですが「分離脳」の本を読んで、断絶した左右の脳がそれぞれ別の意識を持つということを知ってかなり驚きました
脳もこころもまだまだ謎が多いんでしょうね
:2016/12/05(月) 14:15:13.55 ID:

自我と無意識を読んで気がついたことをもう一つ。
しばしば、それは実在するのか?で、ユング=オカルトの原因となっている「元型」ですが、
ユングが言っているのは、元型とはあくまで「我々に共通する無意識」であり、「共有している」のではないということですね。
「共有している」と理解してしまうと、「自分の考えたことが瞬時にテレパシーみたいに相手に伝わる」といったような、まさにオカルト的な感じを持ってしまいます。(実際、自分もそうでした)

ユングは「元型とはこころの働きであり、人間の脳の構造が共通しているなら、その働きも
共通しているはずだ」と、至極常識的合理的でまっとうな事を言っているのにちょっと驚きました。
ユングってまともな人じゃんと思いました(笑)

:2016/12/05(月) 16:06:12.09 ID:

ユングと脳科学を一対一で対応させるのもちょっと違うと思う
いちいちそういう言い訳を用意しないと受けれいられない
というのなら、無理してユングに近づかなくてもいいのでは?
そんな面倒な手続きを得るくらいなら、最初から脳科学の
知識だけあればいいじゃんってことになるし
現代人の悪い癖ですね
:2016/12/05(月) 17:15:22.45 ID:

>>566
単なる思弁ではなく科学である以上、こころが対象とはいえ実証性を求めるのは自然なことだと思うんですけどね
まあ自我と無意識を読んで見てください
ユング本人が脳について言及してるんですけど
:2016/12/05(月) 22:05:30.82 ID:

ユングは当時、科学にしたかったらしいけど、
ユングは現代の定義では明らかに自然科学ではないけどね
ユングが当時脳を語っていたとしても、
現代の脳科学とはまったく違う意味だろう
”心理学”ではあっても、”科学”ではないってこと
ユングの扱っている領域は、実証なんて出来ないよ
:2016/12/06(火) 21:31:20.50 ID:

>>568
心的な体験が、物質である脳の構造からどのように生じるか説明がつかないことは知っていますよ
よくいわれるハードプロブレム問題ですね
僕も脳の構造から心的な体験が説明できるとは思っていません
ユングも人類は脳の構造が一緒だから心的な体験も一緒だろう程度の推測思います

しかし、心と脳が全然無関係とは思えません。
心的な体験と客観的事実はなにかしらシンクロしているのではと思えてならないんです

:2016/12/10(土) 20:28:04.27 ID:

>>572
最後の行だが、心と脳のシンクロはあるだろう
そのシンクロがずれると神経症になったりする
そういう意味で言ってないかもしれないが
:2016/12/05(月) 22:19:34.43 ID:

もちろんユングと脳科学には共通点もあるだろう。
けれど、重なる部分はかなり限られている。
ユングならユングだけに基づいて理解しようとしたほうがいい。
文系的な古典みたいなものと理解したほうがいい。
:2016/12/06(火) 01:49:30.23 ID:

ユングは心的事実と言っているね
俺も最近やっとこの言葉で納得出来るようになってきた
ただ、まだ他人にうまく説明できない
:2016/12/06(火) 19:31:50.77 ID:

脳、意識、知性、科学
心、無意識、直観、道徳
この二つのグループは全然別の系統
:2016/12/10(土) 19:58:59.99 ID:

ちと前の話題に戻ってしまうが禅に関しての東洋人と西洋人の意識の違い、
あれから少々の本を読んだがオイゲン ヘリゲルの日本の弓術という本が至極わかりやすがった
:2016/12/10(土) 20:25:02.32 ID:

禅(鈴木大拙)とユングの出会いから上の話に脱線したのだが、
肝心要の禅とユングの共通点はやはり両者ともあまり語ってないようなのが残念だ
共通点としては、意識を捨てるということ(無意識)、危機的体験による悟り(ユングの用語では元型体験ではあるまいか?)、神経症の治癒効果などがあると思う
両者とも、言葉は違うが本質が似ているように思う
:2016/12/14(水) 22:43:24.47 ID:

人生には意味があり、そして意味が無い

カール・グスタフ・ユング

:2016/12/15(木) 11:37:57.51 ID:

言ってないよ
:2016/12/16(金) 23:53:14.52 ID:

テスト
:2016/12/17(土) 09:53:52.08 ID:

ある人に合う靴も、別の人には窮屈である。
あらゆるケースに適用する人生の秘訣などない。

カール・グスタフ・ユング

:2017/01/02(月) 13:12:39.28 ID:

きゃりーぱみゅぱみゅ – CANDY CANDY

このPVに出てくるきゃりーの分身のような不気味な男ダンサーはユングで言う「シャドウ」では?
:2017/01/06(金) 14:40:53.25 ID:

何がだよ失せろ
:2017/01/08(日) 00:01:19.13 ID:

夢に自分が出てくるってどういうことだ
:2017/01/08(日) 08:39:22.85 ID:

>>582
ドッペルゲンガーですな
:2017/01/08(日) 10:50:52.59 ID:

確か、ユングは分裂病でフロイドは神経症でそれを治す
目的で研究したとか聞いたが今流行のアドラーはなんだろ?
コンプレックス病を治すためなのかな?
:2017/01/08(日) 14:57:22.32 ID:

>>589
アドラーとそれに近い人間性心理学は、フロイトやユングの精神分析学が病的な心理ばかりを対象としたことへの批判から生まれた、
正常な健常者のための心理学という位置づけだと思います
:2017/01/08(日) 11:05:56.05 ID:

「生きる意味や価値を考え始めると、我々は、気がおかしくなってしまう。生きる意味など、存在しないのだから。」フロイド
:2017/01/08(日) 15:23:01.95 ID:

アドラー心理学は精神分析とは違い、意識の視点をより重視していることから認知行動療法とも近いと思います
フロイトやユングの立場をざっくり言うと、「意識的行動は常に無意識の影響を受けていて、
意識的行動を変えるには無意識の願望を知り、それを意識に統合していくことで意識行動を変えていく」という立場ですが、
アドラーや認知行動療法では、無意識の願望といったもの、つまり、私には私が知らない無意識の願望があるとは想定しません。
ゆえに、カウンセリングや夢分析によって無意識の願望は何であるかと探ったりするような事をせず、
パターン化されて意識的な訓練や思考によって変えていくという立場です。
無意識を探ったりせず常に意識の立場を保っているので、
一人でできるということがアドラー心理学の強みではないでしょうか。
:2017/01/09(月) 10:05:32.47 ID:

人間性心理学… 自己実現、自己超越とか言ってどうしょうもない先生だったな
取り巻きを除いて周囲は軽蔑していた
:2017/01/09(月) 13:45:39.99 ID:

無意識にはある一貫した目的性があるんだよなあ
これは体験した人にしかわからないのかもしれないが
:2017/01/09(月) 13:54:55.12 ID:

>>597に書き足し
ユングがなぜ東洋の思想に惹かれていったかということにも関係している
東洋の思想は意識を捨て、無意識の望むものを見出そうとする傾向がある
仏教、易経、老子、陽明学、などがそう
ユングも何かしら無意識に傾向があることは掴んでたから東洋思想とは親和性があった
:2017/01/10(火) 21:43:42.03 ID:

フロイドはもう流行らんのか??

スレすらないし。

:2017/01/11(水) 21:09:21.69 ID:

>>599
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/progre/1482726767
:2017/01/11(水) 17:21:00.76 ID:

ドって何
:2017/01/11(水) 17:29:45.54 ID:

フロイトが好みならスレ立ててみては
:2017/01/11(水) 17:45:15.67 ID:

オカルト板にね
:2017/01/11(水) 21:29:37.17 ID:

そこも過疎ってるな。時代はアドラーなんだ
:2017/01/12(木) 05:45:58.01 ID:

>>604
日本だけですねw
:2017/01/12(木) 00:03:27.22 ID:

昔どこかで童話の赤ずきんを
フロイト風ユング風にそれぞれ解説した話が面白かった
フロイトはやたら性的に走ってたような気が
:2017/01/12(木) 06:51:33.14 ID:

フロイト、アドラー、ユングの違いを考えているのですがざっくり言うと

フロイト=自然科学的
アドラー=倫理的
ユング=宗教的

ではないかと考えています。

フロイトは自らの理論に原因論を採用し、心の動きを力動的(因果律的)に理解しようとしていました。
アドラーとユングは人間の意志を尊重して、心を目的論的に理解しようとしましたが、アドラーにおいては意志を制約するものは
なにも存在せず、私達の意志は完全に自由であると考えます。
一方ユングは、私達を超える超越的な存在(元型)を認め(※あくまで「心的な事実」としての存在であり、「物理的な事実」としてではありません)、
われわれの意志は望む望まないにかかわらず、超越的な存在から制約をうけていると考えています。

:2017/01/12(木) 07:33:23.59 ID:

またきた
:2017/01/12(木) 11:49:06.40 ID:

人間に自由意志があるのかどうか。

生物に自由な意志があるのかどうかと

同じことだけど、遺伝的に制約を受けている以上

完全な自由意志は無いだろと思う。

遺伝子や細胞が持つ意志の方向へと

人は誘導されるのではないかな。

無意識は自由だと言っても方向はあるだろ。

:2017/01/12(木) 13:23:00.37 ID:

>>609
ユングはそれを元型と呼びましたね
身体においての遺伝子とこころにおいての元型
元型とはまさしく意識の方向性を決める「遺伝子」のようなものですね
:2017/01/14(土) 17:42:45.98 ID:

>>609
これ、まったく逆だと思う
無意識との一致が、生命の躍動や自由を感じさせるんだな
無意識との不一致が神経症や精神描写をおこしてしまうとユングは言っているが、
逆に一致状態は精神が溌剌としてくる
:2017/01/12(木) 14:57:17.91 ID:

遺伝子の方向性というと、利己的な遺伝子を連想してしまうなw
たた、無意識の方向性はあるね
しかしそれが細胞や遺伝子が主体と言われると違和感を感じる
ユング自身、無意識の主体は魂、あるいは心だと著書で示唆しているじゃないか?
おれはユングに同意するね
しかし元型という概念は完璧ではない感じがある
ベルクソンの創造的進化、この説は元型論を補完するのにいけそうだと思ってる
:2017/01/13(金) 01:05:07.83 ID:

>>611
心も魂も形而上的で実際は脳にあると考えられる
さらに現代科学は脳だけで考えてるのは無く全身の
細胞が考えてるふしがあるとの見解もある。
:2017/01/13(金) 03:38:33.93 ID:

>>612
それには同意できないな
確かに心がどこにあるか物的証拠は提出できない
しかし例えば悲しいことがあって心が痛むとき、頭を抱えるのと胸に手を当てるのとどちらが自然だ?
:2017/01/13(金) 05:12:25.80 ID:

問題は脳にあるといったところで、それ以上、何も言っていない
ことにならないか、ということだよ
脳の用語だけで心を語るのは限界がある
だったら、自分の心に問うほうが、より心を理解できるということ
他人の脳より自分の心のほうが近いし理解しやすい
:2017/01/13(金) 14:18:03.06 ID:

心を言い出すと論争が絶えない。

自我論になるからである。

悲しいとかうれしいの感情はどのようにして誕生したのかになるから。

:2017/01/13(金) 18:07:09.55 ID:

>>615
論争になるから心を考えてはいけないというようなルールはない
人それぞれ違うからこそ面白い
自分は自分で、自分の直感に近い心理学を選べばいいだけ
ここの連中にはそれがユングだったというだけだ
:2017/01/13(金) 17:31:49.20 ID:

ここ禅の解説してる

:2017/01/13(金) 19:22:54.69 ID:

そもそもこころとはなんぞやと言うのが心理学だろうしな
:2017/01/13(金) 19:45:16.38 ID:

沈黙は金
:2017/01/13(金) 22:01:01.03 ID:

心はなんぞやで止まって、人生終わってしまったら意味がない
心について真正面から探求して、成長してこそ意味がある
:2017/01/14(土) 01:10:25.14 ID:

>>620
では心とはなんでしょう?
:2017/01/14(土) 09:21:50.44 ID:

>>620
「生きる意味や価値を考え始めると、我々は、気がおかしくなってしまう。生きる意味など、存在しないのだから。」フロイド
:2017/01/14(土) 01:08:56.06 ID:

心の探求30年して心なんて探求するほどの値打ちはないと分かった。
:2017/01/14(土) 13:13:54.29 ID:

>>621
自分のありかたを変えずに探求してただけだからだよ
読書するだけじゃ変わらなくて当然
:2017/01/14(土) 07:32:06.68 ID:

ユング心理学は学術的な理論としては素晴らしいと思うんですが、生活の実践としてはどうでしょう?アドラー心理学のように毎日の生活の場面でこう考えようといった、具体的な生活の指針と言ったものかあれば教えてください
:2017/01/14(土) 17:36:43.99 ID:

>>623
まずはやはり夢の解釈によって自分の意識を整えることが出来ることだな
あるいは意識でまったく考えていなかった新しいアイディアを示唆してくれることもある
つまり寝ている時間の無意識の活動を無駄にしないことにより効率があがるわけだ
次に、起きているときにもやはり無意識も活動しているわけで、
何かふとイメージが思い浮かんだとか、そういう無意識の活動を解釈することで役に立つ。
また、イライラしたときは、投影ではないかと疑うことで無駄な争いごとを避けることが出来る割合が増える
このようにして、なるべく自己との一致、自己の陶冶を心がけることをより効率よく出来るのが自分にとってのユング心理学の恩恵かな
:2017/01/14(土) 22:39:42.93 ID:

>>627
夢の解釈は個人では難しいと思います
元型的な夢はそれが何を示しているのか専門の臨床家ではないと指摘できないと思うので
投影に関しては大賛成です
投影だと気づくだけでも投影の相手を客観的に見ることができ(または見ようと努力する)、認知バイアスを避けることで無益な争いを回避できるでしょう
:2017/01/15(日) 01:05:58.60 ID:

>>629
夢の専門家の長たるユングの本を読んでも素人は夢の解釈が難しいとなると、
ユングの理論に欠陥があるか、難解だということだと思いますね
私はユングの理論をもっと平易に説明しようと挑戦してます
逆に私はアドラーをよく知らないのでアドラー的な日常の実践事項をよければ教えてください
:2017/01/16(月) 19:01:37.91 ID:

>>630
アドラー心理学で、まずはじめに出てくるのが「課題の分離」ですね
たとえば職場で「上司が部下である自分を分かってくれない!」とイライラしているとします
まず、この場合の課題は何かを考え、その課題は誰の課題であるかを考えます
この例では、「部下を理解する」が課題であり、課題の当事者は当然上司です
つまり、この課題は上司の課題なのです
私ではなく上司の課題であるので、最終的に部下を理解するのは上司です
究極的には自分にはどうすることもできません
自分ではどうすることもできないので、そもそも考えても意味が無いことです
こう考えれば、無駄なことにわざわざ気を煩わされる必要はありません
こうして上司に煩わされていた心のエネルギーを自分に振り分けることができ
では自分にはどこまでのことができるか?を考える余裕も生まれてきます

長くなりましたがこれが「課題の分離」の考え方です
かなり強力な思考ツールだとおもます
なによりも即効性がありますし、意識で理解できます
無意識を引っ張り出す必要もありません

さて問題はユングですね
ユング心理学に「課題の分離」に匹敵するような思考ツールはあるでしょうか?

:2017/01/16(月) 19:05:31.97 ID:

>>633
それ人のせいにしてるだけじゃん
:2017/01/16(月) 19:20:36.99 ID:

>>634
まさに自分はそう思っているんです
「課題の分離」とは一種の防衛機制ではないかと考えます
:2017/01/16(月) 19:15:05.87 ID:

>>630
ユングはいろんな著書で「こころを探求するのも、またこころである」と書いています
つまり、観察する側もされる側も同一であり、
臨床家はそのことを常に肝に銘じておかねばならないとも言っています
そのために無意識の探求に携わるものは必ず訓練の為に教育分析、臨床家自信が必ず分析を受けなければならない
と主張します
私達が臨床家になるつもりはなくとも、自分の夢の解釈を自らしようとするならば、一度は心理カウンセリングを受ける必要があると思います
:2017/01/14(土) 13:11:41.04 ID:

こういうお手軽に名言をありがたそうに持ち出すのもなぁ
別にフロイトの言葉が絶対ではないし
:2017/01/15(日) 01:27:18.99 ID:

アドラースレで訊くといいよ
:2017/01/16(月) 04:51:02.44 ID:

>>631
スレを私物化してすまんかった
:2017/01/16(月) 19:42:08.80 ID:

:2017/01/16(月) 20:21:49.84 ID:


:2017/01/17(火) 17:21:28.78 ID:

https://goo.gl/FF2zPs
この記事まじなの!?
これから、どうしよう。。。
:2017/01/20(金) 11:42:00.94 ID:

アドラーの課題の分離をユング心理学に置き換えれはどう説明出来るだろうといま頭の中を整理してます

引用元:

  • http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/psycho/1390740654

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする